中国のモバイルデベロッパーChukong Technologiesが5000万ドルを調達 | GameBusiness.jp

中国のモバイルデベロッパーChukong Technologiesが5000万ドルを調達

その他 その他

TechCrunchなどによれば、中国のモバイルデベロッパーChukong TechnologiesがラウンドDで5000万ドルを調達したとのこと。New Horizon Capitalが主導し、GGV Capital、Sequoia Capital、Steamboat Ventures、Northern Lightが参加しました。

Chukongは「Punchbox」というゲームブランドを持ち、『Fishing Joy』という釣りゲームが大ヒット。Games in Asiaによれば3月にリリースされて以来、現在では1000万人のデイリーアクティブユーザーを抱え、月間では628万ドル(約6億円)の売上を記録しているとのこと。

同社はまた、中国でCocos2d-xのコミュニティも運営し、普及を推進しています。加えて、自社でアドネットワークも運営しています。

Chukongはこれまで約7000万ドルを調達。本拠地は北京で、東京・ソウル・台北・メンローパーク(カリフォルニア)にオフィスを構えます。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら