家族や親しいフレンドとSteamゲームライブラリの共有が可能となる“Steam Family Sharing”が正式発表 | GameBusiness.jp

家族や親しいフレンドとSteamゲームライブラリの共有が可能となる“Steam Family Sharing”が正式発表

その他 その他

以前より噂されていたSteamの新機能“Steam Family Sharing”が正式に発表されました。本機能では家族や親しいフレンドとSteamのゲームライブラリを共有、いわゆる貸し借りが行えるようになります。一旦ライブラリの共有が承認されれば、借り手は貸し手のライブラリにアクセスし、ゲームのインストール及びプレイが可能となります。

・詳細ページではFAQが掲載されており、幾つかの注意点などが記載されています。
・1つのSteamアカウントにつき、10台のデバイスで共有が可能。
・共有はゲームごとではなくライブラリ全体で行われる。
・クラウドへのセーブや実績などはそれぞれのアカウントで管理される。
・サードパーティのキーやアカウント、サブスクリプションを使用するゲームは共有できない場合がある。
・借り手と貸し手が同時にゲームをプレイする事はできない。
・貸し手は常にゲームをプレイ可能。借り手がプレイ中に貸し手がプレイし始めた場合は、借り手はゲームの購入あるいはプレイの終了を促される。
・借り手は貸し手が所有するDLCにアクセス可能。貸し手が所有していないゲームのDLCは購入できない。また、ゲーム内で購入あるいはトレードしたアイテムは共有できない。貸し手・借り手に関わらず、それらのアイテムは入手したアカウントのものとなる。
・地域制限のあるコンテンツは制限された地域では共有できない。
・共有されたライブラリで借り手によってチートや不正行為が行われた場合は、貸し手のFamily Sharingの権利が剥奪されるかもしれない。

“Steam Family Sharing”は来週より限定的なベータが実施されるとの事で、公式グループへの参加が呼びかけられています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら