マイクロソフト、Windows 8.1にて3Dプリンタ出力をサポート | GameBusiness.jp

マイクロソフト、Windows 8.1にて3Dプリンタ出力をサポート

米マイクロソフトが、開発者向けカンファレンスイベント「BUILD 2013」にてWindowsの最新版である Windows 8.1 より3Dプリンタ出力のサポートを開始すると発表した。現在Kinect for Windowsでスキャンした人体のデータを3Dプリンタで出力する デモ動画 を公開してい

その他 その他

米マイクロソフトが、開発者向けカンファレンスイベント「BUILD 2013」にてWindowsの最新版であるWindows 8.1より3Dプリンタ出力のサポートを開始すると発表した。現在Kinect for Windowsでスキャンした人体のデータを3Dプリンタで出力するデモ動画を公開している。

これはWindows 8.1に3Dプリンタのドライバを用意し、Autodeskや3D Systemsといったレンダリングソフトで構築した3Dデータをシームレスに3Dプリンタで出力できるようにするというもの。通常データを3Dプリンタで出力する際は、一旦レンダリングソフトからデータをエクスポートして3Dプリンタ用のソフトにインポートする必要があったが、Windows 8.1ではその手間が不要になるという。なお、出力先としてはMakerBotの3Dプリンタやオンライン出力サービスのShapewaysSculpteoをサポートするとのこと。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら