Rovio、パブリッシング事業の第1弾タイトル『Icebreaker: A Viking Voyage』を提供開始 氷を斬って道を作るアクションゲーム | GameBusiness.jp

Rovio、パブリッシング事業の第1弾タイトル『Icebreaker: A Viking Voyage』を提供開始 氷を斬って道を作るアクションゲーム

その他 その他

人気ゲームアプリ『Angry Birds』シリーズでお馴染みのフィンランドのRovio Entertainmentが、同社のパブリッシング事業の第1弾タイトルとしてiOS向け物理アクションゲーム『Icebreaker: A Viking Voyage』をリリースした。ダウンロード亜価格は85円。
  • 人気ゲームアプリ『Angry Birds』シリーズでお馴染みのフィンランドのRovio Entertainmentが、同社のパブリッシング事業の第1弾タイトルとしてiOS向け物理アクションゲーム『Icebreaker: A Viking Voyage』をリリースした。ダウンロード亜価格は85円。
  • 人気ゲームアプリ『Angry Birds』シリーズでお馴染みのフィンランドのRovio Entertainmentが、同社のパブリッシング事業の第1弾タイトルとしてiOS向け物理アクションゲーム『Icebreaker: A Viking Voyage』をリリースした。ダウンロード亜価格は85円。
  • 人気ゲームアプリ『Angry Birds』シリーズでお馴染みのフィンランドのRovio Entertainmentが、同社のパブリッシング事業の第1弾タイトルとしてiOS向け物理アクションゲーム『Icebreaker: A Viking Voyage』をリリースした。ダウンロード亜価格は85円。
人気ゲームアプリ『Angry Birds』シリーズでお馴染みのフィンランドのRovio Entertainmentが、同社のパブリッシング事業の第1弾タイトルとしてiOS向け物理アクションゲーム『Icebreaker: A Viking Voyage』をリリースした。ダウンロード亜価格は85円。

これまでRovioは人気ゲームアプリ『Angry Birds』シリーズやそのスピンオフタイトル『Bad Piggies』、自分で”ピタゴラスイッチ”のような仕掛けを作るゲーム『Amazing Alex』、ドリームワークスの新作映画とタイアップしたゲームアプリ『The Croods』といった自社開発タイトルを多数リリースしてきた。しかし今後は独立系ディベロッパーや小規模なスタートアップを支援する意味も込め、「Rovio Stars」というブランド名のもとサードパーティ製のゲームのパブリッシング事業も展開していくという。

今回リリースされた『Icebreaker: A Viking Voyage』は、イギリスのNitromeが開発したFlashゲームをiOS向けに移植した物理アクションゲームで、氷の大地のあちこちに取り残されてしまったバイキングたちを、敵や罠を避けてうまく道を作ることで船まで誘導するという内容。氷河を斬って道を作るというパズル的且つ知育的な要素もあり、3つの島で計95レベルをプレイすることができる。







《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら