Googleの新サービス「Play game」はマルチプラットフォームでクラウドセーブやマルチプレイを提供 | GameBusiness.jp

Googleの新サービス「Play game」はマルチプラットフォームでクラウドセーブやマルチプレイを提供

その他 その他

Googleは、「Google I/O 2013」にて新サービス「Google Play game services」を発表しました。
  • Googleは、「Google I/O 2013」にて新サービス「Google Play game services」を発表しました。
  • Googleは、「Google I/O 2013」にて新サービス「Google Play game services」を発表しました。
  • Googleは、「Google I/O 2013」にて新サービス「Google Play game services」を発表しました。
  • Googleは、「Google I/O 2013」にて新サービス「Google Play game services」を発表しました。
Googleは、「Google I/O 2013」にて新サービス「Google Play game services」を発表しました。

「Google Play game services」はGoogleが提供するゲームサービスで、セーブデータのクラウド保存やマッチング機能、実績、最大4人のマルチプレイ、AndroidとiOSといったマルチプラットフォーム機能に対応し、アカウントはGoogle+で管理されます。



これにより、Google+を基礎としたゲームプレイ環境が確立され、より簡単かつ身近にゲームを楽しめるようになります。

また、「Chrome Experiments」のゲームとして「Racer」のデモを公開、このゲームはOSとサイズが異なる端末を複数つなげて遊ぶゲームで、今までのゲームにはない新しい試みがされています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら