インド最大手のゲーム会社のReliance Big Entertainment、市場参入のため日本と韓国企業を買収(訂正) | GameBusiness.jp

インド最大手のゲーム会社のReliance Big Entertainment、市場参入のため日本と韓国企業を買収(訂正)

その他 その他

(3月14日 19:00 Update)
  • (3月14日 19:00 Update)
(3月14日 19:00 Update)

Funnel JapanはRelianceによる買収の事実を否定しました。詳報はこちら

(オリジナル版)

インド最大手のゲームメーカーであるReliance ADAグループ傘下のReliance Big Entertainment Ltd.が、同社のモバイルゲーム部門のReliance Games(旧名称:Jump Games)が韓国のモバイルゲーム開発スタジオのBluesomと日本のオンラインゲームパブリッシャーのFunnel Japanのゲーム部門を買収したと発表した。金額や条件などは明らかにされていない。

Reliance Gamesはオンラインゲームのパブリッシングやゲームカフェの運営などを手がけるReliance Big Entertainmentのモバイルゲーム部門として設立されたブランドで、東南アジアや北米、ヨーロッパの市場を対象に各種スマートフォン/タブレット向けゲームの配信を手がけている。

現在同社では世界最大のモバイルゲーム市場は韓国と日本であると捉えているとのことで、今回の買収は両国の市場への参入を目的としたもの。今後両社はReliance Gamesの現地支社となり、自社保有IPや映画などの有名IPを利用したモバイル向けタイトルの開発を行っていくという。

(Update)買収したのはFunnel Japanのゲーム部門のようです。訂正いたします。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら