マピオンとTFペイメントサービス、ゲーム内ポイントを使い実店舗で買い物ができるNFC技術活用サービスを開発 | GameBusiness.jp

マピオンとTFペイメントサービス、ゲーム内ポイントを使い実店舗で買い物ができるNFC技術活用サービスを開発

その他 その他

株式会社マピオン  と  TFペイメントサービス株式会社  が、モバイルゲームにオリジナル特典ポイントをリアルな店舗で使うことができるサービスを開発した。
  • 株式会社マピオン  と  TFペイメントサービス株式会社  が、モバイルゲームにオリジナル特典ポイントをリアルな店舗で使うことができるサービスを開発した。
株式会社マピオンTFペイメントサービス株式会社が、モバイルゲームにオリジナル特典ポイントをリアルな店舗で使うことができるサービスを開発した。

これはNFCを活用して両社のプラットフォームサービスを連携することでスマートフォンなどをかざすだけで決済が終了し、顧客誘導から決済までの一連のマーケティングデータを取得するというもの。これにより店舗事業者やインターネット上の各種事業者は、ネットの世界とお出かけやお買い物など現実世界の”リアルな行動”を結び付ける020サービスをより効果的に展開できる。

マピオンではユーザー数107万人超のモバイル位置情報ゲーム『ケータイ国盗り合戦』をベースに様々なサービスを搭載するO2Oプラットフォーム「Starmp/スタンプ」を2012年10月より提供している。「スタンプ」では連携するゲーム内のミッション達成度に応じて取得できるオリジナル特典ポイントシステム「star/スター」を展開している。

一方TFPSは、NFC技術を活用したクラウド型決済プラットフォームサービス「Thincacloud/シンカクラウド」を2012年6月より提供している。「シンカクラウド」は店頭での利用(対面決済)及びインターネット上での利用(非対面決済)の2つの決済方式に対応し、各種電子マネーの決済に加えNFCを使った顧客誘致など O2Oによるサービスを具現化することができる。

なおTFPSでは、この施策のデモンストレーションを東京ビッグサイトにて開催中の「NFC & Smart WORLD 2013」に出展している。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら