Wii U最新ファームウェア「2.1.3J」が公開 ― 4月の本体更新で高速化と機能追加を実現 | GameBusiness.jp

Wii U最新ファームウェア「2.1.3J」が公開 ― 4月の本体更新で高速化と機能追加を実現

その他 その他

任天堂は3月5日、Wii Uの最新ファームウェア「2.1.3J」を公開しました。あわせて、機能追加やシステムの高速化を含むアップデートが4月に配信予定であることが発表されています。
  • 任天堂は3月5日、Wii Uの最新ファームウェア「2.1.3J」を公開しました。あわせて、機能追加やシステムの高速化を含むアップデートが4月に配信予定であることが発表されています。
  • 任天堂は3月5日、Wii Uの最新ファームウェア「2.1.3J」を公開しました。あわせて、機能追加やシステムの高速化を含むアップデートが4月に配信予定であることが発表されています。
任天堂は3月5日、Wii Uの最新ファームウェア「2.1.3J」を公開しました。あわせて、機能追加やシステムの高速化を含むアップデートが4月に配信予定であることが発表されています。

今回配信された「2.1.3J」は「システム安定性の向上」のための、いわゆるマイナーアップデートで、ダウンロードする容量も少なく、実際にインストールしてみましたが3分程度で終了しました。

先日のNintendo Directで、春・夏にそれぞれアップデートを行い、Wii U本体の懸案事項である「ソフト起動の高速化」と「メニューへの復帰の高速化」を実現していくと発表しました。今回発表された4月のアップデートで、まず第1段階が実現されることになりそうです。
《宮崎紘輔》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら