リンクトブレインと三井物産セキュアディレクション、ソーシャルゲームのセキュリティ診断サービス「LBCheck!」を展開 | GameBusiness.jp

リンクトブレインと三井物産セキュアディレクション、ソーシャルゲームのセキュリティ診断サービス「LBCheck!」を展開

その他 その他

株式会社リンクトブレイン三井物産セキュアディレクション株式会社が、ソーシャルゲームに特化したセキュリティ診断サービス「LBCheck!」を展開するために事業提携を行った。

「LB Check!」はWebブラウザまたはAndroid/iOS向けに提供されるソーシャルゲームに潜むセキュリティ上の欠陥を検出し、その原因と、そこから想定される影響・被害及び対策を開発会社に報告するサービス。

通常のWebアプリが抱えるセキュリティ上の欠陥に加え、他ユーザーへの迷惑行為やゲームバランス崩壊につながる不正利用等、ソーシャルゲーム固有のセキュリティ上の欠陥を効率よく検出し、個々のゲーム性に応じて都度診断項目の洗い出しとテスト内容を選定し診断を実施する。

診断の流れは以下のとおり。

【診断前】
APPファイルを受領・接続確認
ゲームロジックの理解
ゲームロジックに応じた診断項目をリストアップ(ゲーム毎)

【診断実施】
Webアプリケーション診断
ゲームロジックに係る診断
スマホアプリ診断

【診断後】
診断報告書作成
サポート期間(1ヶ月)

サービス開始は今月中を予定しており、6月末まで「ソーシャルゲーム安心キャンペーン」を展開し、先着10社に対しカードバトルゲーム(ブラウザタイプ)の診断を特別価格50万円で提供する。両社では同サービスを通じてソーシャルゲーム開発事業者様及びSNSプラットフォーマーから初年度30タイトル、5,000万円の売上を目標とするとのこと。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら