英オンラインギャンブル「Sportingbet」とソーシャルゲームディベロッパーのPlumbee、ギャンブル・ソーシャルゲーム開発のため合弁事業 | GameBusiness.jp

英オンラインギャンブル「Sportingbet」とソーシャルゲームディベロッパーのPlumbee、ギャンブル・ソーシャルゲーム開発のため合弁事業

その他 その他

オンラインギャンブルやスポーツ賭博を手がけるイギリスの  Sportingbet  と、同じくイギリスのソーシャルゲームディベロッパー  Plumbee  がリアルマネーを賭けて遊べるギャンブル・ソーシャルゲーム開発を行うため合弁事業「Bonza Gaming」を立ち上げた。
  • オンラインギャンブルやスポーツ賭博を手がけるイギリスの  Sportingbet  と、同じくイギリスのソーシャルゲームディベロッパー  Plumbee  がリアルマネーを賭けて遊べるギャンブル・ソーシャルゲーム開発を行うため合弁事業「Bonza Gaming」を立ち上げた。
  • オンラインギャンブルやスポーツ賭博を手がけるイギリスの  Sportingbet  と、同じくイギリスのソーシャルゲームディベロッパー  Plumbee  がリアルマネーを賭けて遊べるギャンブル・ソーシャルゲーム開発を行うため合弁事業「Bonza Gaming」を立ち上げた。
オンラインギャンブルやスポーツ賭博を手がけるイギリスのSportingbetと、同じくイギリスのソーシャルゲームディベロッパーPlumbeeがリアルマネーを賭けて遊べるギャンブル・ソーシャルゲーム開発を行うため合弁事業「Bonza Gaming」を立ち上げた。

PlumbeeはEA/Playfishの元役員であるRaf Keustermans氏とGerald Tan氏、Jodi Moran氏によって立ち上げられたソーシャルゲームディベロッパーで、Facebookにてソーシャル・スロットゲーム「Mirrorball Slots」など主にスロットを題材としたタイトルを開発・提供している。今回の「Bonza Gaming」立ち上げにより、今後両社はSportingbetのギャンブルプラットフォームとPlumbeeのゲーム開発ノウハウを組み合わせて新たなスタイルのギャンブル体験を生み出していくとしている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら