Unreal Engine 3が米軍の訓練用バーチャルシミュレーションシステムに採用 | GameBusiness.jp

Unreal Engine 3が米軍の訓練用バーチャルシミュレーションシステムに採用

その他 その他

Epic GamesのUnreal Engine 3が、IPKeys Technologiesが開発する米軍のトレーニングシミュレーションシステム『I-Game』とライセンス契約を結んだ事が明らかとなりました。
  • Epic GamesのUnreal Engine 3が、IPKeys Technologiesが開発する米軍のトレーニングシミュレーションシステム『I-Game』とライセンス契約を結んだ事が明らかとなりました。
  • Epic GamesのUnreal Engine 3が、IPKeys Technologiesが開発する米軍のトレーニングシミュレーションシステム『I-Game』とライセンス契約を結んだ事が明らかとなりました。
Epic GamesのUnreal Engine 3が、IPKeys Technologiesが開発する米軍のトレーニングシミュレーションシステム『I-Game』とライセンス契約を結んだ事が明らかとなりました。

『I-Game』は、カウンターIEDや地雷除去を始め様々なシチュエーションが設けられた訓練用プログラムバーチャルシステムとなり、今回のUnreal Engine 3の導入により、現実的な環境構築や、戦略プランや状況設定が可能になるとのこと。

過去には、 FBIや医療機関でのライセンス取得も伝えられていた本エンジン。今後もゲーム以外での様々な分野で活躍する事になりそうです。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら