ゲームクリエイターが知るべき97のこと【新書】 | GameBusiness.jp

ゲームクリエイターが知るべき97のこと【新書】

オライリー・ジャパンから「ゲームクリエイターが知るべき97のこと」という書籍が発売されました。編者はCEDEC運営委員長を務めた吉岡直人氏。内容は、第一線で活躍する多くのゲーム開発者が思い思いのテーマで綴ったショートエッセイ集。そのリストだけでも価値ある内

その他 その他
オライリー・ジャパンから「ゲームクリエイターが知るべき97のこと」という書籍が発売されました。編者はCEDEC運営委員長を務めた吉岡直人氏。内容は、第一線で活躍する多くのゲーム開発者が思い思いのテーマで綴ったショートエッセイ集。そのリストだけでも価値ある内
  • オライリー・ジャパンから「ゲームクリエイターが知るべき97のこと」という書籍が発売されました。編者はCEDEC運営委員長を務めた吉岡直人氏。内容は、第一線で活躍する多くのゲーム開発者が思い思いのテーマで綴ったショートエッセイ集。そのリストだけでも価値ある内
オライリー・ジャパンから「ゲームクリエイターが知るべき97のこと」という書籍が発売されました。編者はCEDEC運営委員長を務めた吉岡直人氏。内容は、第一線で活躍する多くのゲーム開発者が思い思いのテーマで綴ったショートエッセイ集。そのリストだけでも価値ある内容であることが伝わってきます。

IGDA日本の小野代表は本書について「これまで、こういった企画は"できたらいいねえ"という居酒屋トークで終わっていました。僕も昔は編集者でしたので、こういう本の企画をイメージしたことがあります。でも、すぐに諦めました。いろんなことがホントにホントに、めんどくさいからです。この本はそんなふうに"言うのは簡単だけど、やりとげるのは大変"な部類に位置します。それを真っ正面から突破して王道でまとめられたオライリー社と編者の吉岡さんはホントにすごいと思います。それと共に、こういった本が日本でも、ちゃんと出せるようになったんだなあと思うと、いろいろ感無量です。ゲーム業界の成熟度を示す一冊です」とコメントしています。

「ゲームクリエイターが知るべき97のこと」は本日から発売中。Amazonでも購入できます。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら