ドイツの製薬会社、フェイスブックにて新薬開発のソーシャルゲーム『Syrum』をリリース | GameBusiness.jp

ドイツの製薬会社、フェイスブックにて新薬開発のソーシャルゲーム『Syrum』をリリース

その他 その他

ドイツの製薬会社の  Boehringer Ingelheim(ベーリンガーインゲルハイム)  が、Facebookにて新薬開発を題材にしたソーシャルゲーム『  Syrum  』の提供を開始した。
  • ドイツの製薬会社の  Boehringer Ingelheim(ベーリンガーインゲルハイム)  が、Facebookにて新薬開発を題材にしたソーシャルゲーム『  Syrum  』の提供を開始した。
ドイツの製薬会社のBoehringer Ingelheim(ベーリンガーインゲルハイム)が、Facebookにて新薬開発を題材にしたソーシャルゲーム『Syrum』の提供を開始した。

同社によれば『Syrum』は製薬会社による初の「薬作りゲーム」とのこと。ユーザーは製薬会社に所属する研究者となり、次々と発生する様々な世界的伝染病と戦うため研究を行い新薬を開発して患者に配り、自分の製薬会社を成長させていく。また薬を開発しやすくするため、Facebook上の友達と合成物を交換し合うソーシャル要素もあるという。

《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら