コベリティ、CEDECでセガの導入事例や静的解析ツールのプログラマ教育へのメリットを紹介 | GameBusiness.jp

コベリティ、CEDECでセガの導入事例や静的解析ツールのプログラマ教育へのメリットを紹介

その他 その他

コベリティ日本支社はCEDEC 2012にて"「プログラマ育成+静的解析」という幸せな選択"と題したセッションを実施します。

同社はソースコードの静的解析ツール「Coverity」を提供。ゲーム業界をはじめ、金融・医療・電機・自動車・セキュリティなどコードの信頼性が特に求められる幅広い分野で利用されています。国内だけで既に100社を超える企業が採用しているとのこと。

ゲーム業界ではセガ、コナミ、フロムソフトウェアなどが採用。CEDEC 2012ではコベリティ日本支社のセールスビジネスデベロップメントマネジャーの安竹由起夫氏とセガの開発支援部 開発サポートセクションの高橋敦俊氏が登壇し、実際に「Coverity」を導入する際のフローや、導入の副次的効果として得られたプログラマー教育へのメリットについて紹介します。

■「プログラマ育成+静的解析」という幸せな選択
8月 21日 (火) 13:30〜14:30
※CEDECへの入場パスが必要です

■ コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2012(CEDEC2012)
会期 2012年8月20日(月)〜8月22日(水)
会場 パシフィコ横浜 会議センター(横浜西区みなとみらい) 【Map】
主催 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
後援 経済産業省、横浜市、一般社団法人情報処理学会、人工知能学会、NPO法人 ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER)、日本バーチャルリアリティ学会
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら