ディーツー コミュニケーションズ、社名を「D2C」に変更 | GameBusiness.jp

ディーツー コミュニケーションズ、社名を「D2C」に変更

その他 その他

株式会社ディーツー コミュニケーションズ  が、事業拡大に伴い6月1日付で社名を「株式会社D2C」(英語表記:D2C Inc.)に変更すると発表した。それに伴いコーポレートロゴも変更する。
  • 株式会社ディーツー コミュニケーションズ  が、事業拡大に伴い6月1日付で社名を「株式会社D2C」(英語表記:D2C Inc.)に変更すると発表した。それに伴いコーポレートロゴも変更する。
株式会社ディーツー コミュニケーションズが、事業拡大に伴い6月1日付で社名を「株式会社D2C」(英語表記:D2C Inc.)に変更すると発表した。それに伴いコーポレートロゴも変更する。

ディーツー コミュニケーションズは、2000年6月1日に世界初のモバイル広告・マーケティング会社として設立された企業。同社では「モバイル専門」というデバイスの垣根を超え、また「Communication=広告」のみならずワイヤレスを軸により幅広い領域に事業を拡大していくことを目指し「D2C」に社名を変更することを決定したという。

「D2C」の「C」には、「Communication」のほか、「Creative」、「Clients/Customers」、「Consumer」、「Cloud」等、今後の展開を踏まえて、様々な意味を持たせているとのこと。

また同社では今後グループ経営を推進していくとしており、D2C単体としてはスマートフォンやタブレットなどを含む広告・マーケティング事業をコアビジネスとして位置づける一方、国内外でグループ企業を展開し、ワイヤレスを軸にした様々な領域に事業を拡大していくという。既に昨年、中国に子会社「迪尓希(ディーアールシー)(上海)広告有限公司」を設立しているほか、台湾支店の開設や国内・海外企業への出資等を進めている。同社では今後もベンチャー企業への出資や海外進出の加速等で、D2Cのグループ化を推進していくとしている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら