ジンガ、ソーシャルゲームディベロッパーのKobojoを告訴 | GameBusiness.jp

ジンガ、ソーシャルゲームディベロッパーのKobojoを告訴

その他 その他

米大手ソーシャルゲームディベロッパー  ジンガ  が、フランス・パリに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーの「  Kobojo  」を商標権侵害で告訴した。
  • 米大手ソーシャルゲームディベロッパー  ジンガ  が、フランス・パリに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーの「  Kobojo  」を商標権侵害で告訴した。
米大手ソーシャルゲームディベロッパージンガが、フランス・パリに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーの「Kobojo」を商標権侵害で告訴した。

Kobojoは昨年、Facebookにて古代エジプト時代をモチーフにしたソーシャルゲーム「PyramidVille」をリリースした。しかしZyngaは同タイトルの中にある「〜Ville」がZyngaのソーシャルゲームの商標権を故意に侵害していると主張。損害賠償とタイトルの使用差止を求めている。訴状の全文はこちら

《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら