中国聯通、スマホ向けゲームプラットフォーム「手遊世界」をオープン | GameBusiness.jp

中国聯通、スマホ向けゲームプラットフォーム「手遊世界」をオープン

その他 その他

中国の大手通信キャリア中国聯通(チャイナユニコム)が、スマートフォン向けのゲームプラットフォーム「手遊世界」を正式にオープンした。

「手遊世界」は人気ゲームアプリ『Angry Birds』シリーズの開発・提供元であるフィンランドのRovio Entertainmentともパートナーシップを締結しており、オープンと同時に新タイトル『Angry Birds Space』(憤怒的小鳥:太空版)も提供。その他にもオープン時に約3000個のゲームアプリを取り揃えているという。

現在「手遊世界」はAndroidのみ対応だが、近日中にiOSにも対応し、さらに今後はWindows Phoneへの対応も検討しているとのこと。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら