米国の過半数の家庭がゲーム機を保有〜ニールセン調査 | GameBusiness.jp

米国の過半数の家庭がゲーム機を保有〜ニールセン調査

その他 その他

米調査会社のニールセンは毎年恒例のゲーム市場調査の結果をツイートしています。興味深い結果が紹介されていますので、それらを掻い摘んで紹介します。専用ゲーム機以外の利用が広がっていることが分かります。一方で、専用ゲーム機も昨年並みの稼働があるようです。

・現行世代(Wii/PS3/360)のいずれかを所有している家庭は56%
・iOSデバイスのいずれかを保有している家庭は39%
・急速に成長するAndroid/iPadはゲームの潜在顧客を拡大している
・6〜12歳のこどもの半数近くはDSを所有している
・Androidのゲーム層の中心は25〜34歳
iPhoneはもっと広い
・ゲーマーの半数以上が2つ以上のスクリーンで遊ぶ(家庭用、PC、モバイル、タブレット)
・昨年と比べてゲームのプレイ時間は7%増加
ただしWiiは22%減少した
これはクロスプラットフォームがゲームへの熱中性を上げることを示している
・『Angry Birds』平均年齢37歳 54%が男性
・『Word With Friends』平均年齢34歳 54%が女性
・ゲームのオンライン広告費は雑誌広告の2倍に拡大
・ゲームに関するツイートは10〜12月に380万回、前年の290万回から増加
だから調査結果をツイートしている
・月間のゲーム消費は2010年とほぼ同じ
しかし内訳は変化がありXbox360(Kinect)が10%増加、デジタルが8%増加
Wiiは10%も減少
新作/旧作/レンタルも8%減少
・現行世代の65%はリビングに(Wiiは比率が高くて75%)、13%は子供部屋
・現行世代の40〜45%はリビングにあり、オンラインに接続されている
・現行世代の利用で動画視聴は全ハードで増加

・2012年のトレンド3つ
デジタル(マネタイズ)
クロスプラットフォーム(エンゲージメント)
リビングルーム(ネットワーク)
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら