ソーシャルゲーム『SuperPoke! PET』のユーザー、サービスを停止したGoogleを訴える | GameBusiness.jp

ソーシャルゲーム『SuperPoke! PET』のユーザー、サービスを停止したGoogleを訴える

その他 その他

>2010年8月にGoogleによって1億8200万ドルで買収されたソーシャルゲームディベロッパーSlideのユーザーが、Googleに損害賠償を求める集団訴訟を起こした。

Slideは、FacebookやMySpace、Hi5にて『SuperPoke!』や『SuperPoke! PET』『SPP RANCH』などのソーシャルゲームを提供していた中堅のソーシャルゲームディベロッパー。しかし2010年8月にGoogleによって買収された後、同社はソーシャルゲームの業務を停止し各タイトルのサービスも終了してしまった。

しかしSlideのペットソーシャルゲーム『SuperPoke! PET』をプレイしたユーザーはこれを不服としてGoogleを提訴。これまで『SuperPoke! PET』で消費した有料の仮想通貨(ゴールド)の補償を求めているという。訴状はこちら
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら