「アメーバピグ」の中国語版「小人国」、中国最大級のSNS「開心網」にてサービスを開始 | GameBusiness.jp

「アメーバピグ」の中国語版「小人国」、中国最大級のSNS「開心網」にてサービスを開始

その他 その他

株式会社サイバーエージェントが運営する仮想空間「アメーバピグ」の中国語版「小人国」が、中国最大級のSNS「開心網」にてサービスを開始した。開発・運営は中国大手のソーシャルゲーム開発会社であるFive Minutes Inc.が担当する。



「小人国」は「アメーバピグ」の中国向けサービス。同社の投資先であり、グローバルで会員数3,500万人以上のゲームを開発・運営する中国大手のソーシャルゲームディベロッパーのFive Minutesが開発・運営を担い、中国SNSにおけるソーシャルゲーム運営のノウハウを活かしたサービス展開を行う。また今後Five Minutesは「小人国」のサービスを「開心網」以外の中国SNSプラットフォームでも展開する予定で、2011年12月までに中国国内で登録者数200万人を目指すとしている。

《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら