【マーベラスAQL 新作発表会】オンライン、スマホアプリ、3DS&Vita新作発表会の様子をレポート | GameBusiness.jp

【マーベラスAQL 新作発表会】オンライン、スマホアプリ、3DS&Vita新作発表会の様子をレポート

その他 その他

マーベラスAQLは、都内で開催した新作発表会を行いました。この記事ではオンラインゲーム、ソーシャルアプリ、ニンテンドー3DS、PlayStation向けの新作ゲームついてお伝えします。
  • マーベラスAQLは、都内で開催した新作発表会を行いました。この記事ではオンラインゲーム、ソーシャルアプリ、ニンテンドー3DS、PlayStation向けの新作ゲームついてお伝えします。
  • マーベラスAQLは、都内で開催した新作発表会を行いました。この記事ではオンラインゲーム、ソーシャルアプリ、ニンテンドー3DS、PlayStation向けの新作ゲームついてお伝えします。
  • マーベラスAQLは、都内で開催した新作発表会を行いました。この記事ではオンラインゲーム、ソーシャルアプリ、ニンテンドー3DS、PlayStation向けの新作ゲームついてお伝えします。
  • マーベラスAQLは、都内で開催した新作発表会を行いました。この記事ではオンラインゲーム、ソーシャルアプリ、ニンテンドー3DS、PlayStation向けの新作ゲームついてお伝えします。
  • マーベラスAQLは、都内で開催した新作発表会を行いました。この記事ではオンラインゲーム、ソーシャルアプリ、ニンテンドー3DS、PlayStation向けの新作ゲームついてお伝えします。
  • マーベラスAQLは、都内で開催した新作発表会を行いました。この記事ではオンラインゲーム、ソーシャルアプリ、ニンテンドー3DS、PlayStation向けの新作ゲームついてお伝えします。
  • マーベラスAQLは、都内で開催した新作発表会を行いました。この記事ではオンラインゲーム、ソーシャルアプリ、ニンテンドー3DS、PlayStation向けの新作ゲームついてお伝えします。
  • マーベラスAQLは、都内で開催した新作発表会を行いました。この記事ではオンラインゲーム、ソーシャルアプリ、ニンテンドー3DS、PlayStation向けの新作ゲームついてお伝えします。
マーベラスAQLは、都内で開催した新作発表会を行いました。この記事ではオンラインゲーム、ソーシャルアプリ、ニンテンドー3DS、PlayStation向けの新作ゲームついてお伝えします。

まず取締役副社長執行役委員兼オンライン事業部長である照井知基氏が登壇。『ブラウザ三国志』『ブラウザプロ野球』、ソーシャルアプリが好調であることが語られました。また、新たに新規事業開発部門を新設。これから今後展開する新作タイトルを紹介していきます。

執行役員兼オンライン事業部副事業部長兼業務部長兼制作部長の西岡達也氏。まずはインストール不要の無料で遊べるMMORPG『剣と魔法のログレス』を紹介します。ブラウザー型のMMORPGで、旧AQインタラクティブが手掛けた『ブラウザ三国志』のチームと、旧マーベラスエンターテイメントのコンシューマチームが一緒に制作した新作タイトルです。西岡氏は「ブラウザーゲーム史上最高額の開発費かもしれません」と語りました。

なお、『剣と魔法のログレス』は、10月5日15時よりサービスインしました。

2タイトル目は『NINJA NATION』。人気テレビ番組「SASUKE」を題材にしたゲームです。元「SASUKE」プロデューサー、モンスターナイン代表取締役CEO樋口潮氏と、TBSテレビメディアビジネス局デジタルビジネス推進部長である松田謙二氏がゲーム概要を説明します。

『NINJA NATION』は、マーベラスAQLが手掛ける初の「グローバル市場」をターゲットにしたFacebookソーシャルゲームです。人気番組「SASUKE」、北米では「NINJA WARRIOR」と言う名称で知られています。そんな「SASUKE」をゲーム化したのが本作です。プレイヤーはニンジャのアバターを育成し、様々な障害物競技をクリアして世界ランキング1位を目指します。

「SASUKE」はFacebook向けゲームでグローバル展開していきます。TBSとしても今後スマートフォン向けにもアプリを開発するとのことです。


続いて、スーパークリエイターズ企画と題した新作4本が紹介されました。

まず1本目はcomceptの稲船敬二氏が登場。現在は「アクションゲームを作っており、スマートフォンにあったアクションゲームを作っている」と語ります。その新作は『J.J.ROCKETS(仮称)』で、主人公キャラクターが公開されました。1950年頃のアメリカを舞台に、大統領自ら悪に立ち向かうと言う内容に。稲船氏は「かっいいキャラクターがかっこよく活躍するというより、少しかっこ悪いキャラクターが活躍するというものにしたい」と語りました。

稲船氏はロボット物でゲームクリエイターデビューしたと言うことで、「ゲッターロボ」や「マジンガ―Z」などが子供の頃から大好きで、そういう要素をふんだんに入れたスマートフォン向けに新しいものを作りたいと意気込みを語りました。

気になるサービス開始日や価格については現時点では未定とのことです。


続いて2タイトル目は『BUDDY MONSTER(仮称)』で、プロぺの中祐司氏が手掛ける新作です。BUDDYには相棒という意味があり、相棒(バディ)と共に戦っていくという内容に。

プレイヤーは、魔獣に乗って戦う「獣騎士」となり、広大なフィールドで狩りをします。ワイバーンが空を飛んでいたシーンが公開された映像で見ることが出来ましたが、これは「ジュラシックパーク」や「パイレーツオブカリビアン」などの撮影で使われていた場所をモチーフにして作ったと語る中氏。

また、育成要素もあり、相棒となるモンスターも沢山用意。強力プレイも楽しめる内容になるとか。ソーシャルゲームながらやり込み度満点の完全新作ソーシャルRPGとして鋭意制作中です。


3タイトル目は、クラフト&マイスターの船水紀孝氏が手掛ける『コンボキマール(仮)』。タイトルの通り、タッチしてコンボを決めるゲームになって、その結果を競いあう内容に。現時点では詳しいゲーム内容が固まっておらず、イメージ映像公開のみに留まりました。


4タイトル目はグラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏の新作『ノーモア★ヒーローズ for モバゲー(仮称)』です。多忙により、ビデオレターでの登場となりました。元々はパッケージソフトで登場したゲームをモバゲー用にした内容に。プレイヤー自身が登場キャラクターとなって1位を目指すようなゲームになります。

また、コンシューマ版に登場したキャラクター達も登場。「雑魚バトル」はタッチやスライドして戦っていきます。つばぜり合いもタッチ画面で再現しています。ボスバトルについては、コンシューマ版と同じように大きくキャラクターが表示されて戦う映像が公開されました。。

須田氏は「『NO MORE HREOES』は日本だけでなく世界でヒットしたゲームです。実はもう結構出来ていますので、ぜひ楽しみにしていてください」と最後にメッセージを送りました。


ここでDeNA取締役の小林賢治氏が登壇。スーパークリエイターズ企画について「いちユーザーとしてわくわくしています。ソーシャルゲームはボタンを押すだけのゲームと少なからず感じている人がいるのでは無いでしょうか。Facebookで流行り、日本ではガラケーで流行りましたが、性能などで限界がありました。ただ、たくさんの人に遊ばれていたのも事実でした。スマートフォンの普及によって想定を超える状況になり、新しいエンターテイメントが作れる状況になりました。10億を超える人が扱っているプラットフォーム、日本から素晴らしいコンテンツが集まれば」とコメントしました。


また、最後にサプライズとして新作ブラウザゲーム『ブラウザヱヴァンゲリヲン新劇場版(仮)』が発表されました。ただ「大人の事情」により詳しい内容は明かされませんでした。2012年に向けて制作中とのことです。


続いてはコンシューマ向け新作タイトルを2本プレゼンテーション。

はしもとよしふみ氏が紹介する1本目は、『牧場物語』15周年記念タイトルとして、ニンテンドー3DS向けに『牧場物語 はじまりの大地』が発表されました。立体視を活かし、キャラクターメイクが可能になった『牧場物語』最新作となります。「詳しい内容は続報にご期待ください」と言うことで、今回は新要素の一部のみ発表にとどまりました。

続いて青木利則氏がPlayStation Vita向けブラウザーゲーム『ブラウザ三国志 NEXT』。元々はPCで展開していたタイトルのPSVita版。PC版の内容はもちろん、グラフィックは大幅にパワーアップ。グラフィッククオリティをアップしてイメージを一新。さらにPSVita版オリジナル武将カードや、クエストの充実、武将コレクションなどを導入。

『ブラウザ三国志 NEXT』は12月17日に配信予定。基本プレイ無料のアイテム課金制です。

また、マーベラスAQLではPlayStation Vita向けに新作を3本現在制作中であることが明かされました。こちらに関しては今後の情報に期待しましょう。
《古谷正人》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら