PSVita、NTTドコモの3G回線プランの詳細が明らかに | GameBusiness.jp

PSVita、NTTドコモの3G回線プランの詳細が明らかに

ソニーは本日開催した「SCEJ Press Conference」において、PSVitaのデータ通信についてパートナー企業にNTTドコモを決定したことを明らかにしました。発表会ではNTTドコモの辻村清行副社長も登壇し意気込みを語りました。

その他 その他
ソニーは本日開催した「SCEJ Press Conference」において、PSVitaのデータ通信についてパートナー企業にNTTドコモを決定したことを明らかにしました。発表会ではNTTドコモの辻村清行副社長も登壇し意気込みを語りました。
  • ソニーは本日開催した「SCEJ Press Conference」において、PSVitaのデータ通信についてパートナー企業にNTTドコモを決定したことを明らかにしました。発表会ではNTTドコモの辻村清行副社長も登壇し意気込みを語りました。
  • ソニーは本日開催した「SCEJ Press Conference」において、PSVitaのデータ通信についてパートナー企業にNTTドコモを決定したことを明らかにしました。発表会ではNTTドコモの辻村清行副社長も登壇し意気込みを語りました。
  • ソニーは本日開催した「SCEJ Press Conference」において、PSVitaのデータ通信についてパートナー企業にNTTドコモを決定したことを明らかにしました。発表会ではNTTドコモの辻村清行副社長も登壇し意気込みを語りました。
  • ソニーは本日開催した「SCEJ Press Conference」において、PSVitaのデータ通信についてパートナー企業にNTTドコモを決定したことを明らかにしました。発表会ではNTTドコモの辻村清行副社長も登壇し意気込みを語りました。
  • ソニーは本日開催した「SCEJ Press Conference」において、PSVitaのデータ通信についてパートナー企業にNTTドコモを決定したことを明らかにしました。発表会ではNTTドコモの辻村清行副社長も登壇し意気込みを語りました。
ソニーは本日開催した「SCEJ Press Conference」において、PSVitaのデータ通信についてパートナー企業にNTTドコモを決定したことを明らかにしました。発表会ではNTTドコモの辻村清行副社長も登壇し意気込みを語りました。

NTTドコモではPSVita向けに新たなプランとしてプリペイドプランを用意。通信速度はそれぞれ下り128kbps、上り64kbpsの3Gで、980円/20時間および4980円/103時間の2つの料金プランとなります。また、103時間のプランではそのうち3時間は下り14Mbps、上り14MbpsのFOMAハイスピードの通信が利用できます。

PSVitaの3G/Wi-Fiモデルの初回出荷50万台には103時間プラン、限定版(詳細は不明)には20時間プランが予め契約されているUSIMカードが含まれていて、PSVitaの購入者は契約手続きをせずにすぐに3G通信を利用できます。

20時間のプランは1ヶ月、103時間のプランは3ヶ月の利用期限があり、それぞれ期間終了後に設けられている猶予期間14日間の間に専用ウェブサイト(PSVitaからアクセス)にて更新手続きをすることができます。支払いはクレジットカードもしくはドコモ契約を持っていれば「ドコモケータイ払い」も利用できます。一旦この期間を終了し、契約が切れた場合、再度契約する際には契約手数料2100円が必要な他、新たなUSIMカードに切り替えとなるため届くまで1週間程度の期間が必要になります。

また、プリペイドプラン以外のNTTドコモが提供している「定額データプラン」を利用することも可能だとのこと。

PSVitaでは通信機能を大幅に強化。これに対応できるプランをSCEとNTTドコモは協議を続けてきたと辻村氏は語りました。「通信プランを意識せず通信できる環境を整える」ことが課せられた使命でした。結果としてPSVitaの3G/Wi-Fiモデルでは購入してすぐに3G通信が利用できるという利便性あるものになっています。SCEJの河野弘プレジデントも「ハードメーカー、通信キャリア、ゲームメーカーのコラボレーションで新しい体験を実現していきたい」と意気込みを語っていて、期待が高まります。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら