SocialApps、ソーシャルゲームのソースコード盗用でジンガを提訴 | GameBusiness.jp

SocialApps、ソーシャルゲームのソースコード盗用でジンガを提訴

その他 その他

ゲームの特許・知的所有権関連の情報サイト「Patent Arcade」が伝えるところによれば、ソーシャルゲームディベロッパーのSocialApps LLCが、ゲームの原案やソースコードの盗用で大手ソーシャルゲームディベロッパーのジンガを提訴したという。



SocialAppsの訴えによれば、同社は2009年にFacebookにて提供している農業ゲーム『myFarm』を基に新たな農場ゲームを開発するためジンガと提携。Zyngaに対しmyFarmのソースコードを公開したが、その後ジンガと音信不通になってしまったという。その数ヵ月後にZyngaは自社の農業ゲーム『FarmVille』をリリースし大ヒット。SocialAppsはZyngaに対しゲームの原案とソースコードの盗用などで計10万ドル(約784万円)の損害賠償を請求している。

尚、SocialAppsの訴えによればジンガは『FarmVille』だけでなく『CityVille』や『FishVille』といった同社の他のタイトルにも盗用ソースコードを使用しているとのこと。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら