CrowdStar、2300万ドルを調達・・・世界展開に | GameBusiness.jp

CrowdStar、2300万ドルを調達・・・世界展開に

その他 その他

VentureBeatによれば、米国のソーシャルゲーム大手CrowdStarは2300万ドル(約20億円)をインテル・キャピタルとタイム・ワーナー・インベストメント、中国のゲーム会社The9、同じく中国の投資会社NVInvestmentsから調達し、世界戦略のため従業員を倍増させる計画。

「私たちはグローバルなソーシャルとモバイルゲーム会社を目指していて、単なるFacebookのゲーム会社に留まるつもりはありません。そのためにはFacebookでの成長からの収益だけでは十分ではありません」とPeter Relan CEOは資金調達の理由を述べています。

依然としてこの分野では各社が積極的な投資を続けている一方、CrowdStarのFacebookでのDAU/MAUは減少を続けており、バラ色の未来ばかりが描けているわけでもなさそうです。

現在の従業員数は100名ほどで、これを倍増させるようです。

CrowdStarは日本のドリコムと提携し、同社タイトルを日本で展開しています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら