DeNA、MySQL Conferenceで表彰―「HandlerSocket」が評価 | GameBusiness.jp

DeNA、MySQL Conferenceで表彰―「HandlerSocket」が評価

その他 その他

OpenLifeによれば、オライリーが毎年開催しているMySQL Conference & Expoにて発表されたMySQL Conference Community Awards 2011で、ディー・エヌ・エーがCorporate Contributor of the Year 2011を受賞したとのこと。

ディー・エヌ・エーではMobageなどのデータベースとしてMySQLを採用。日本で最もMySQLを活用している企業の一つと言えるかもしれません。表彰理由としては、同社がMobageで利用し一般にも公開しているMySQLのプラグイン「HandlerSocket」が高く評価されたようです。「HandlerSocket」はMySQLのアクセスを高速化するプラグインです。

このHandlerSocketですが、すでにモバゲータウンにて実際に運用しています。従来MySQLとmemcachedの構成で運用していた箇所を、HanderSocketを組み込んだMySQLだけの構成に置き換えました。その結果、MySQLサーバの負荷軽減、memcachedの負荷軽減、ネットワークトラフィック減少の効果がありました。また、単純にHandlerSocketに置き換えたことだけによる効果というわけではないのですが、アプリケーションのCPU負荷も大幅に減少しています。
HandleSocketの説明より


また、DB改造屋雑記のYasufumi Kinoshita氏がCommunity Contributor of the Year 2011を受賞しています。同氏はMySQLコミュニティで積極的に活動し多くの影響を与えたほか、Xtrabackupの開発で知られます。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら