稲船敬二氏、comceptとinterceptの2社を立ち上げる | GameBusiness.jp

稲船敬二氏、comceptとinterceptの2社を立ち上げる

昨年カプコンを退社した稲船敬二氏。新たにcomceptとinterceptという2社を設立し、公式サイトがオープンしています。

その他 その他
昨年カプコンを退社した稲船敬二氏。新たにcomceptとinterceptという2社を設立し、公式サイトがオープンしています。

comceptは「面白い!楽しい!怖い!感動!」といったコンテンツの元になる「卵=コンセプト」を生み出す会社になるとのこと。テーマはゲーム、映像、書籍などメディアの枠に囚われず、「comcept = compuer + concept」というデジタル時代のコンセプトを産み出していきたいとしています。こちらは企画主体の会社となりそうです。

一方のinterceptは「コンシューマゲーム開発における、僕の新しい挑戦です」ということで、長年持ち続けた日本のゲーム業界や自分自身に対する危機感をバネに、新しいステージに向かいたいとしています。キーワードは以下の3つ。

Originality 誰にもまねのできない
Gravity 人をひきつける力を持つ
Beyond the age 時代を超えるものを

多様化する市場の中で、一歩先のニーズをつかむ作品作りを目指していくとしています。

カプコンの中でもビジョナリストとしてゲーム業界にオピニオンを発信してきた稲船氏。comceptとinterceptという2つの新たな器で、どのようなコンセプトやゲームを世に送り出していくのか注目されます。また、稲船氏はニコニコ動画にて「ドンハン稲船の金ドブTIME!」を4日の20時から放送予定。ここでも新会社について語られるかもしれません。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら