【東日本大地震】日本を救うためゲーム業界も立ち上がる「Play For Japan」 | GameBusiness.jp

【東日本大地震】日本を救うためゲーム業界も立ち上がる「Play For Japan」

東日本大地震の支援のため、ゲームジャーナリストも立ち上がりました。

その他 その他
東日本大地震の支援のため、ゲームジャーナリストも立ち上がりました。

ジャーナリストが発起人となって新しく立ち上げられた「Play For Japan」は、ゲーム業界関係者が参加し、それぞれの貴重なお宝をeBayのオークションに出品し、その収益を大地震への義援金として充てるという取り組みです。既に数多くのアイテムが紹介されています。

宮本茂氏のサイン入り『スーパーマリオカート』、小島監督のサイン入り『メタルギアソリッド3』、日野社長のサイン入り『ダーククロニクル』、鈴木裕氏のサイン入り『バーチャファイター2』、など貴重なアイテムがズラリ。

顔の広いジャーナリスト達がクチコミで広げていったそうです。ただし、運営の人数も限られているため、一般からのアイテムの募集は行っておらず、独自にeBayを使って販売して欲しいとしています。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら