無許可でゲームの「上映」、ホテル経営者を逮捕 | GameBusiness.jp

無許可でゲームの「上映」、ホテル経営者を逮捕

その他 その他

コンピュータソフトウェア著作権協会は、兵庫県警生活経済課と生田署が2月1日、神戸市内のホテルで客室のTVにゲームを無断上映し、客に利用させていたとして、ホテルの経営者を著作権法違反の疑いで逮捕したことを明らかにしました。

逮捕されたのは、神戸市の会社役員男性(23歳)。男性は、2010年9月9日〜11月25日のあいだ、4回にわたって『マリオカートWii』や『マリオパーティ8』、『バイオハザード5』『真・三國無双5』などを、客に上映していたといいます。

ホテルでのゲームの無断上映が摘発されるのは、2002年7月に愛知県豊川市でホテル経営会社と役員男性が書類送検されて以来、2件目。逮捕に先立ち行われたホテルの家宅捜索では、ゲームソフトなど約70点が押収されています。

先日の家宅捜索が、ホテル役員の逮捕へとつながってしまったようです。
《土井大輔》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら