パチスロ版『サクラ大戦3』、想定以上の出玉率の為回収に | GameBusiness.jp

パチスロ版『サクラ大戦3』、想定以上の出玉率の為回収に

その他 その他

サミーは、2011年1月11日より設置開始した『パチスロサクラ大戦3』の出玉率が高いとの報告を受け、対応策として回収すると発表しました。
  • サミーは、2011年1月11日より設置開始した『パチスロサクラ大戦3』の出玉率が高いとの報告を受け、対応策として回収すると発表しました。
サミーは、2011年1月11日より設置開始した『パチスロサクラ大戦3』の出玉率が高いとの報告を受け、対応策として回収すると発表しました。

これは一部のパチンコホールより「出玉率が高めに推移している」と報告があり、サミーが事実を確認。

対応策としては、設置継続を希望するホールはそのまま使用可能。設置継続を希望しないホールは回収を条件に無償で代替機を用意します。

代替機設置日は2月中旬を予定しており、それまでの営業補填として1台につき1日3000円をサミーが支払います。

なお、今回の件による業績への影響は精査中で、現在の業績進捗や『ぱちんこCR 北斗の拳百裂(ケンシロウ)』が好調な受注状況であり、2010年9月30日公表の業績予想に修正の必要はないと判断しています。
《古谷正人》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら