22世紀のミニ四駆を考えてみる【本日のスライド】 | GameBusiness.jp

22世紀のミニ四駆を考えてみる【本日のスライド】

その他 その他

タミヤが生み出した普及の名作ミニ四駆。それが22世紀になると、こうなるのではという発表資料です。

作者はソーシャルゲームでもお馴染みのKLab研究開発部の竹井英行氏。ワークスアプリケーションとの勉強会の中で使用したもののようです。

スライドでは21世紀のミニ四駆のあるべき姿を考えながら、Android(HT-03A)で操縦できるミニ四駆を制作。声や無線でコントロールできるという代物になっています。さらに22世紀のミニ四駆について考えます。動画も含まれていて、かっちょいいです。

意外な物と意外な物の組み合わせも発想のスタートとして面白いのではないかと思い紹介してみました。

《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら