IGDA日本ゲームテクニカルアーティスト部会が発足〜第1回を2月6日に東京・福岡で | GameBusiness.jp

IGDA日本ゲームテクニカルアーティスト部会が発足〜第1回を2月6日に東京・福岡で

その他 その他

SIG-TAはIGDA日本に属する専門部会です。

ゲーム開発の肥大化、多様化に伴いここ数年日本の開発でも「テクニカルアーティスト」という職種が発生してきています。本部会はCEDEC2010のテクニカルアーティストラウンドテーブルをきっかけに発足しました。社の枠に捕われず、テクニカルアーティストとしてゲーム制作に関わる人や、その周囲の人たちで今後日本のテクニカルアーティストはどういった進化をしていくのか、それを見据えて議論をしていく場にして行きたいと思っています。

日本の開発にもテクニカルアーティスト職の確かな足場を築き、開発全体の底上げを目指します。

【以下参加することで得られると予想されるもの】

・現状テクニカルアーティストとして働く人は現状の問題の再認識と解決へのヒント
・テクニカルアーティストの周辺の人は、関わり方や活用方法
・今後テクニカルアーティストを目指す人に対しては、どういう技能や特性が必要なのかというヒント

そのうちのどれか一つでも持ち帰っていただければと思います。

【概要】
■開催日程:2011年2月6日(日)14:00〜18:25(入場開始13:30)
■場所:株式会社サイバーコネクトツー 東京スタジオ会議室
http://www.cc2.co.jp/
大井町駅
JR京浜東北線・東京臨海高速鉄道りんかい線:中央口(アトレ側)出口より徒歩3分
東急大井町線:西口出口より徒歩4分
※詳細の地図は上記ホームページより会社情報>サイトマップにて参照できます。
■主催:国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)http://www.igda.jp/
■人数:30人(お申し込みが超過した場合は参加をお断りする場合がございます。)
■参加費:500円(懇親会予算1500〜2000円)
会場としてサイバーコネクトツー様の東京スタジオを貸していただける予定となっております。
そこで「窓」システムを利用して福岡会場へセッションの中継および、ラウンドテーブルを両会場で同時にそれぞれ開催を予定されています。

【申し込み】
参加希望の方は以下のフォームより必要事項を記入の上、送信ください。
<申し込みフォーム>

申し込み期限:2011年2月1日(火)

【プログラム】
14:00〜14:05 IGDA日本とSIG-TAの紹介
14:05〜14:20 session1 セッション名未定: 長舩 龍太郎
14:20〜14:35 session2 データフロー(DCCからプログラマへ渡されるデータ変換)の

自動化と問題: 麓 一博(仮)
14:45〜15:45 ラウンドテーブル 「プログラマとデザイナの間での板挟みの話」みんながハッピーになれる為に出来ること
(東京福岡同時開催/モデレータ 東京: 大内 慎一、福岡:中村 大介)

15:45〜16:00 各会場でどんな意見が出たか情報交換
16:00〜16:30 休憩
16:30〜16:45 session3 セッション名未定:鈴木 雅幸
16:45〜17:00 session4 DCCツール間におけるRTシェーダの違い: 麓 一博
17:10〜18:10 ラウンドテーブル 「TAのプログラムとのつきあい方」
プログラムがかけるようになる必要があるか論も含め
Python,mel,maxscript,vbs等スクリプト言語含め、RTShaderまで。
(東京福岡同時開催/モデレータ 東京: 麓 一博、福岡: 中村 大介)

18:10〜18:25 各会場でどんな意見が出たか情報交換

18:30〜 懇親会(希望者のみ)

【登壇者プロフィール】(順不同)
・麓 一博 株式会社セガ CSR推進部 グラフィクスサポートセクション テクニカルアーティスト(SIG-TA世話人)
1998年セガに入社。ドリームキャストの起動時の映像、「Jリーグプロサッカークラブを作ろう」他幾つかのタイトルのデザインデータ作成業務を経て、現在の描画ライブラリ開発、タイトルサポート部門(CSR&D推進部)へ。セガ内部におけるタイトルのいくつかをSoftimageでのツールフローや、表現技術面からサポート。XSI6のラウンチセミナーや、SiggraphAsia2009でリアルタイムシェーダーエデュケーションに関するプレゼンや、CEDEC登壇を三回経験している。

・大内 慎一 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
JAPANスタジオ テクノロジー部 プログラマー
ゲーム開発ミドルウェアのサポートエンジニアとしてゲーム業界入りし、SCE転職後はツール開発プログラマーとして社内ツール作成等を行っている。Mayaのプラグインや.NET Frameworkを使ったアプリケーション等。CEDEC2010ショートセッションにて登壇。

・ 鈴木 雅幸 株式会社AQインタラクティブ 技術開発部 
「バレットウィッチ」「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」等に参加し、主にモーション、モデリング、ライティング等を担当。現在は技術や表現の研究調査、ワークフロー効率化のサポート、定期的な社内セミナー等を行ったりしている。

・長舩 龍太郎 株式会社バンダイナムコゲームス 第1スタジオ 技術サウンドディビジョン 技術部 プロジェクトサポート課 プログラマ(TECスタッフ)
1998年にナムコ(現バンダイナムコゲームス)に入社。「テイルズオブレジェンディア」「エースコンバット6」等のプロジェクトで主にアーティスト向け開発環境整備を行う。2009年にバンダイナムコゲームスアメリカ支社に出向し、北米スタイルのエンジン開発、「スプラッターハウス」の開発に関わり、2010年末に帰国。現在は、日米の開発スタイルの相違を整理しながら、新たな開発手法を日々模索中。

・中村 大介  株式会社サイバーコネクトツー

※入場方法等、会場ではサイバーコネクトツー様のスタッフの指示に従ってください。
※また会の性質上、営業活動・勧誘はご遠慮いただきますことご了承ください。
《IGDA日本》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら