ユービーアイ、PCゲームのDRMを緩和する? | GameBusiness.jp

ユービーアイ、PCゲームのDRMを緩和する?

その他 その他

Redditのフォーラムによれば、ユービーアイソフトはPCゲームに導入していたDRMを緩和したようです。

投稿によれば『アサシンクリード2』や『スプリンターセル: コンヴィクション』の最新アップデートで、常時インターネット接続が必要なDRMが取り除かれた模様。

ユービーアイが昨年春からPCゲームで導入したDRMは、ゲームの起動時にインターネットを通じた認証が必要なだけでなく、ゲームのプレイ中もインターネット接続を必要とし、切断された場合にはゲームを中断し強制的にメニュー画面に飛ばすという強固なものでした。

最新アップデートではこれらのうち、後者の制限が取り除かれているようです。フォーラムにはインターネット接続がなくても遊べている様子のスクリーンショットも投稿されています。

同様のDRMはエレクトロニック・アーツも導入しています。DRMはいたちごっこの面もあり、最適な形がこれからも模索されそうです。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら