マーベラスの2011年3月期下期の取り組み、上期の主要タイトル出荷本数も明らかに | GameBusiness.jp

マーベラスの2011年3月期下期の取り組み、上期の主要タイトル出荷本数も明らかに

その他 その他

マーベラスエンターテイメント<7844>は、11月18日、第2四半期の決算説明会資料を公開しました。同社の第2四半期累計の連結決算は、売上高54億6400万円(前年同期比5.0%増)、経常利益4億2900万円(前年同期3億円の赤字)、四半期純利益4億2100万円(同2億7900万円の赤字)と増収・黒字転換に成功するなど好調なものでした。

音楽映像事業で、定番シリーズを中心にCD、DVDのリピート受注が好調に推移したことや、ゲームソフトの新作タイトルが好調に推移したことに加えて、前年同期に損失を計上していた英国子会社が連結から外れたこと、広告費や人権費等販売管理費を抑制したことが主な要因でした。

同社の業績回復には、主力事業の復調と事業整理を一巡した効果がはっきりとでてきた、といえるわけですが、今後の展開はどうなるのか。同社の下期の戦略を簡単にまとめてみました。

■音楽映像事業

・音楽商品は、「プリキュア」シリーズや戦国アーティストの商品を中心に編成する。
・「ふたりはプリキュア」のDVD-BOXなど、旧作ライブラリのブルーレイ化やBOX化を推進。
・出資映画「映画ハートキャッチプリキュア」が10月30日より、「プリキュアオールスターズDX3」が2011年3月より上映予定。

■デジタルコンテンツ事業

(1)コンシューマーゲームについて
・『NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE (Wii)』を10月21日に発売し、2011年2月10日に『勇者30 SECOND(PSP)』を発売し、2月24日に『ルーンファクトリーオーシャンズ(Wii/PS3)』を発売する予定。そのほか、1タイトルを発売する予定。
・『NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE (Wii)』は、すでに2万5000本以上出荷し、通期の計画を達成した。
・『ルーンファクトリーオーシャンズ(Wii/PS3)』については、当初はWiiのみの予定だったが、市場ニーズを検討し、PS3とのマルチプラットフォームに切り替えた。
・今後、マルチプラットフォームタイトルを編成する場合、各タイトルごとのターゲットに沿う形でハードを選択していく。
(2)ブラウザゲームについて
・ブラウザゲーム『みんなで牧場物語』を2010年内にサービスイン予定。そのほか、第3四半期に『ブラウザ一騎当千』と、第4四半期にもう1タイトルのサービスインを予定している。
・『みんなで牧場物語』については初めて参入するブラウザゲームであり、また同社のキラータイトルをベースにしているため、投入に関しては丁寧に行っていく。2回のクローズドβテストを行い、概ね良い評価を得ている。

各タイトルの出荷本数は以下の通り
・『NO MORE HEROES 英雄たちの楽園』…PS3版2万7500本、Xbox360版2万1000本
・『一騎当千 XROSS IMPACT(PSP)』…3万3500本
・『牧場物語 ふたごの村(DS)』…16万8700本 (10月以降もリピート受注が継続的に入っており、11月12日現在、17万7000本以上出荷)
・『フェイト/エクストラ(PSP)』…10万4600本
ちなみに、10月21日に発売した『NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE (Wii)』は、すでに2万5000本以上出荷したとのことです。

■舞台公演事業

・2011年1月より「ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン」が開幕。全44公演を予定。
・2011年1月より、新規舞台作品品「『メモ・リアル』the PARTY!」を公演予定。

こうした取り組みにより、3月通期では、売上高65億円(前期比21.5%減)、経常利益1億円(黒字転換)、当期純利益9000万円を見込んでいる、とのことです。
《木村英彦》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら