スクウェア・エニックス、第2四半期業績は苦戦 | GameBusiness.jp

スクウェア・エニックス、第2四半期業績は苦戦

その他 その他

スクウェア・エニックス・ホールディングスの発表した平成22年3月期 第2四半期業績は、売上高680億5600万円(前年同期比-25%)、営業利益57億1200万円(-56%)、経常利益35億2000万円(-71%)、純利益17億2300万円(-36%)と減収減益となりました。

同社の和田洋一社長は「 当上期の連結業績は、売上高は、厳しい市場環境を背景に家庭用ゲームソフトの新作の販売が伸び悩んだことを要因として、予想を下回る実績になりました。営業利益は、前期の3月に発売した大型タイトルの高収益率のリピート販売が好調に販売を伸ばしたことに加え、出版事業も好調に推移したことを要因として、予想を上回る実績となりました。また、シャンダゲームズ社とのオンラインゲーム分野における戦略的な提携に合意し、今後の中国市場での展開を加速させる等、中長期的な当社グループの成長に向けた取り組みも進展しております。第3四半期以降も、当社グループの戦略的な課題である「グローバル化」、「ネットワーク化」、「自社IPの強化」の3つに注力し、邁進してまいります。 」とコメントしています。

上期の主なタイトルは『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』(128万本)、『ケイン アンド リンチ2 ドッグ・デイズ』(112万本)、『ファイナルファンタジーXIV』(63万本)、『ジャストコーズ2』(56万本)、『キングダムハーツ バース・バイ・スリープ』(51万本)でした。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら