ソニー、3Dテレビ対応ゲームを2010年から発売へ | GameBusiness.jp

ソニー、3Dテレビ対応ゲームを2010年から発売へ

電器各社は2010年を3Dテレビ元年と位置付け、ラインナップに追加していますが、SCEも親会社のソニーが3Dテレビを発売するのに合わせて対応ゲームを発売していくということです。

その他 その他
電器各社は2010年を3Dテレビ元年と位置付け、ラインナップに追加していますが、SCEも親会社のソニーが3Dテレビを発売するのに合わせて対応ゲームを発売していくということです。

これはSCEグループCEOでソニー本体でも執行役エグゼクティブ・バイスプレジデント・ネットワークプロダクツ&サービスグループ担当を務める平井一夫氏が経営施策説明会で明らかにしたもの。

現行のプレイステーション3本体は3Dに対応していませんが、ファームウェアのアップデートで対応するということ。ファーストパーティのみならず、サードパーティも含めて3D対応ゲームの開発をサポートしていく方針だとのこと。

3D対応ゲームを巡っては、東京ゲームショウやCEATECで技術デモが展示されていて、技術的なハードルは高くなさそうです。当初は市場規模が限られるため、いかに対応コストを引き下げるかが課題になりそうです。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら