Googleニュースまとめ | GameBusiness.jp

Googleに関するニュースまとめ一覧

Google 最新ニュース

Read more
2020年、世界で最も検索度急上昇のタイトルは『Among Us』―Googleがデータ公開 画像
文化

2020年、世界で最も検索度急上昇のタイトルは『Among Us』―Googleがデータ公開

『原神』や『Ghost of Tsushima』のほか『ドラクエ ウォーク』の名前も。

Google、ドライブ等一部サービスの容量超過や放置アカウントデータ削除へ―2023年6月から措置適応 画像
企業動向

Google、ドライブ等一部サービスの容量超過や放置アカウントデータ削除へ―2023年6月から措置適応

「Googleドライブ」はPCゲーム用Modの配布場所としての利用も見られます。

「UPLAY+」が「Ubisoft+」に名称変更―Amazon Luna/Stadiaでのサブスクリプションサービスも開始 画像
企業動向

「UPLAY+」が「Ubisoft+」に名称変更―Amazon Luna/Stadiaでのサブスクリプションサービスも開始

『ウォッチドッグス:レギオン』『アサシン クリード ヴァルハラ』、『イモータルズ フェニックス ライジング』などのリリースタイトルも対象に!

米国司法省、Googleを反トラスト法違反で提訴 画像
産業政策

米国司法省、Googleを反トラスト法違反で提訴

同社が展開するサービスにも影響があるかもしれません。

「Google Play」ガイドライン改定を計画―アプリ内課金がGoogleの決済サービスを経由するよう徹底させる狙い 画像
企業動向

「Google Play」ガイドライン改定を計画―アプリ内課金がGoogleの決済サービスを経由するよう徹底させる狙い

NetfilxやSpotify、Epic Gamesなどの一部大手は独自の決済システムを使用し、Googleに30%の販売手数料を払うのを回避していました。

Google、Apple対Epic裁判との関連付けに抗議―「AppleとGoogleのアプリストアの根本的な差異」を強調 画像
その他

Google、Apple対Epic裁判との関連付けに抗議―「AppleとGoogleのアプリストアの根本的な差異」を強調

GoogleはEpic Gamesとの裁判が、同社とAppleの裁判と関連付けられていることへの抗議文を連邦地方裁判所に提出しました。

Epic Games、続いてGoogleへも訴訟提起―手数料巡る『フォートナイト』ストア削除問題 画像
その他

Epic Games、続いてGoogleへも訴訟提起―手数料巡る『フォートナイト』ストア削除問題

Apple同様に独占状態の批判を主軸としたもの。

『フォートナイト』App Storeに続きGoogle Playからも削除、独自のアプリ内課金システムが原因か 画像
市場

『フォートナイト』App Storeに続きGoogle Playからも削除、独自のアプリ内課金システムが原因か

Android版は公式サイトを用いればダウンロードやプレイ自体には影響なし。

『レインボーシックス シージ』酷似のモバイル向けFPS『Area F2』がサービス終了―返金対応を開始 画像
その他

『レインボーシックス シージ』酷似のモバイル向けFPS『Area F2』がサービス終了―返金対応を開始

『レインボーシックス シージ』の類似品とされたモバイル向けFPS『Area F2』がサービス終了に。

『レインボーシックス シージ』類似品巡りUBIがApple・Googleを提訴へ 画像
その他

『レインボーシックス シージ』類似品巡りUBIがApple・Googleを提訴へ

『レインボーシックス シージ』のモバイル向けの類似品を巡りUBIがAppleおよびGoogleの両者を提訴したと、Bloomberg報道。

Stadiaがインディー開発者向け支援プログラム「Stadia Makers」を発表―Unityとの公式サポートによる技術支援なども 画像
企業動向

Stadiaがインディー開発者向け支援プログラム「Stadia Makers」を発表―Unityとの公式サポートによる技術支援なども

開発環境や発表時期の指定などの条件もありますが、技術や開発キットなどの支援が豊富なプログラムです。

“全ポケモン”を対象とした人気投票「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」開催!Google検索の投票機能で“世界中のトレーナー”が投票可能 画像
文化

“全ポケモン”を対象とした人気投票「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」開催!Google検索の投票機能で“世界中のトレーナー”が投票可能

今回はGoogle検索の投票機能を利用し、世界8言語で同時に投票を受付中。投票期間は2月14日22:59まで、投票結果発表は2月27日23:00頃となります。

MSのフィル・スペンサー氏、クラウドゲーミングでは「AmazonとGoogleが今後の競合」との見解示す 画像
ゲーム開発

MSのフィル・スペンサー氏、クラウドゲーミングでは「AmazonとGoogleが今後の競合」との見解示す

マイクロソフトでXbox事業を統括するフィル・スペンサー氏は、クラウドゲーミングにおいて、AmazonとGoogleが今後の主な競争相手となる見解を明らかにしました。

『Overwatch』と『Call of Duty』の公式リーグ配信がYouTube独占契約に 画像
文化

『Overwatch』と『Call of Duty』の公式リーグ配信がYouTube独占契約に

Activision BlizzardとGoogleは『Overwatch』『Call of Duty』などの公式リーグ配信がYouTube独占になる契約を結びました。

Chrome OS、Steam公式サポートの可能性―海外報道にてChrome OSディレクターが示唆 画像
ゲーム開発

Chrome OS、Steam公式サポートの可能性―海外報道にてChrome OSディレクターが示唆

Steamが今後、各種のゲームタイトルとともにGoogleで提供されている「Chrome OS」で利用可能となるかも知れません。

Stadiaは2020年内に120本以上のゲーム提供を目指す…上半期には10以上の時限独占タイトルも 画像
企業動向

Stadiaは2020年内に120本以上のゲーム提供を目指す…上半期には10以上の時限独占タイトルも

Googleは、同社が運営するクラウドゲームサービスのStadiaにおいて2020年内に120本以上のゲーム提供を目指すことを明らかにしました。

Google Stadiaにて複数ローンチタイトルが4K解像度未満で動作―当初4Kでの動作を約束 画像
ゲーム開発

Google Stadiaにて複数ローンチタイトルが4K解像度未満で動作―当初4Kでの動作を約束

あくまでタイトル開発者(developers)の今後の改善努力次第であるとのこと。

Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリが開発中―写真からタイトルを自動識別 画像
ゲーム開発

Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリが開発中―写真からタイトルを自動識別

家庭用アーケードマシンを手掛けているDream Arcadesは、Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリ「CART」の開発を進めていることを明らかにしました。

Google Stadiaの入力遅延はどれほどのものか―海外メディアが高速回線で検証 画像
ゲーム開発

Google Stadiaの入力遅延はどれほどのものか―海外メディアが高速回線で検証

「たまに遊べなくなったかと思えば、今度は魔法のように動作したり。Stadiaの見た夢は、まだ遠い雲(クラウド)の中」

『StarCraft II』ディープマインドAIがグランドマスターに到達、通常のゲーム内容環境下での達成 画像
ゲーム開発

『StarCraft II』ディープマインドAIがグランドマスターに到達、通常のゲーム内容環境下での達成

Googleのディープマインドの機械学習AIが『StarCraft II』にてグランドマスターに到達。通常のゲーム内容環境下では初とのこと。

  • 242件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ