『GTA』『ボダラン』開発元親会社テイクツーがモバイル大手Zyngaを約1兆4600億円で買収 | GameBusiness.jp

『GTA』『ボダラン』開発元親会社テイクツーがモバイル大手Zyngaを約1兆4600億円で買収

マイクロソフトのゼニマックス買収を凌ぐ巨額。

企業動向 発表
『GTA』『ボダラン』開発元親会社テイクツーがモバイル大手Zyngaを約1兆4600億円で買収
  • 『GTA』『ボダラン』開発元親会社テイクツーがモバイル大手Zyngaを約1兆4600億円で買収
  • 『GTA』『ボダラン』開発元親会社テイクツーがモバイル大手Zyngaを約1兆4600億円で買収
  • 『GTA』『ボダラン』開発元親会社テイクツーがモバイル大手Zyngaを約1兆4600億円で買収
  • 『GTA』『ボダラン』開発元親会社テイクツーがモバイル大手Zyngaを約1兆4600億円で買収

グランド・セフト・オート』等のロックスター・ゲームスや『ボーダーランズ』等の2K Gamesを所有するアメリカのテイクツー・インタラクティブは1月10日、アメリカのソーシャルゲーム開発大手のZyngaを買収することを発表しました。

テイクツ―はZyngaの発行済株式の全てを、1株当たり現金3.50ドルと自社の株式6.361ドルの組み合わせにより、総額127億ドル(日本円で約1兆4600億円)で取得。取引完了は、2022年6月30日までが予定されています。

また、買収の結果、2021年9月末までの1年間において、プロフォーマ利益が61億ドル(約7000億円)を誇る、世界最大級のインタラクティブエンターテインメント企業が誕生することになるとのこと。

ブランドを維持する形でのZyngaのモバイルゲーム事業を統合後、最初の2年において、1年間当たり約1億ドル(約115億円)のコスト削減、長期的には年間5億ドル以上の純利益が見込まれるほか、テイクツー全体の純利益におけるモバイル事業の割合も、2022年の会計年度で予測される12%から、2023年度には50%以上にまで上昇することが予測されています。

《technocchi@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら