Activision Blizzard社員500人以上がCEO辞任を求める請願書に署名、株主グループも参加―性的不祥事隠蔽との報道を受け | GameBusiness.jp

Activision Blizzard社員500人以上がCEO辞任を求める請願書に署名、株主グループも参加―性的不祥事隠蔽との報道を受け

XboxやPlayStationの責任者も報道について言及。

企業動向 人事
Drew Angerer/Getty Images News/ゲッティイメージズ
  • Drew Angerer/Getty Images News/ゲッティイメージズ
  • Christian Petersen/Getty Images News/ゲッティイメージズ
  • Allen J. Schaben/Los Angeles Times/ゲッティイメージズ

Activision BlizzardのCEOであるボビー・コティック氏が性的不祥事を隠蔽していたとの報道を受け、社員500人以上が辞任を求める請願書に署名し、株主グループも参加したことが海外メディアワシントン・ポストによって明らかになりました。

社員全体の5%以上にあたる500人以上が署名したこの公開請願書では、ボビー・コティック氏がActivision BlizzardのCEOを辞任し、株主がコティック氏の意見を取り入れずに新しいCEOを選ぶ許可を求めています。コティック氏は30年以上にわたり同社でCEOを務める人物ですが、ウォール・ストリート・ジャーナルによる報道ではセクシャルハラスメントなど性的不祥事を隠蔽していたと報道されています。

Strategic Organizing Center投資グループを中心とする株主グループは、Activision Blizzardに宛てた書簡の中で「過去の会社の声明とは対照的に、ボビー・コティックCEOは同社における多くのセクシャルハラスメント、性的暴行、性差別の事例を認識していたにもかかわらず、責任のある幹部や管理職の解雇、敵対的な職場文化を対処しなかった」と記しました。この書簡には同社の株式を保有するオーストラリアのリテールファンド「Future Super」、カナダのグループ「NEI Investments」と「Shareholder Association for Research and Education(SHARE)」、オーストラリアの女性向けファンド「Verve Super」も署名しています。

株主グループはコティック氏のみならず、長く務めている取締役会長のブライアン・ケリー氏およびリードインディペンデントディレクターのロバート・モルガド氏にも辞任を求めました。この3名が辞任しない場合、6月に開かれる株主総会で現取締役の再選に投票しないことを表明し、他の株主にもそれを求めることを明らかにしています。

Xboxの責任者であるフィル・スペンサー氏はこの報道を受け、海外メディアBloombergに対し「自分とゲーム業界のリーダーシップチームはこの恐ろしい出来事に心を乱され深く悩まされている」と発言。「Activision Blizzardとのあらゆる側面を精査し、継続的に積極的な調整を行っている」と同社との今後の関係について調査していることを明らかにしました。また、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの責任者、ジム・ライアン氏もこの報道を受け「落胆し、素直に言って唖然とした」と述べています。

《みお@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら