CRI・ミドルウェア、設立20周年を記念する新施策を発表―本社移転&CRIWAREブランドフルリニューアル等 | GameBusiness.jp

CRI・ミドルウェア、設立20周年を記念する新施策を発表―本社移転&CRIWAREブランドフルリニューアル等

CRI・ミドルウェアは、2021年8月1日に迎えた設立20周年を記念する新施策を発表、20周年特設サイトを公開しました。

企業動向 発表
CRI・ミドルウェア、設立20周年を記念する新施策を発表―本社移転&CRIWAREブランドフルリニューアル等
  • CRI・ミドルウェア、設立20周年を記念する新施策を発表―本社移転&CRIWAREブランドフルリニューアル等
  • CRI・ミドルウェア、設立20周年を記念する新施策を発表―本社移転&CRIWAREブランドフルリニューアル等
  • CRI・ミドルウェア、設立20周年を記念する新施策を発表―本社移転&CRIWAREブランドフルリニューアル等
  • CRI・ミドルウェア、設立20周年を記念する新施策を発表―本社移転&CRIWAREブランドフルリニューアル等
  • CRI・ミドルウェア、設立20周年を記念する新施策を発表―本社移転&CRIWAREブランドフルリニューアル等
  • CRI・ミドルウェア、設立20周年を記念する新施策を発表―本社移転&CRIWAREブランドフルリニューアル等
  • CRI・ミドルウェア、設立20周年を記念する新施策を発表―本社移転&CRIWAREブランドフルリニューアル等
CRI・ミドルウェアは、2021年8月1日に迎えた設立20周年を記念する新施策を発表、20周年特設サイトを公開しました。

今回、特設サイトの公開と共に発表された新施策は、“CRIWAREブランドを「挑戦・信頼・革新」象徴のデザインにフルリニューアル”、“本社を移転しグループ4社を「挑戦と発見の拠点」へ集結”の2つとなっており、それらによって、今後も挑戦・変化を忘れず、新しい価値を創造していくとのことです。

CRIWAREブランド フルリニューアル


CRIのブランドプロミスを「挑戦・信頼・革新」と定義

20年の節目を迎え、これまでの取り組みや社会的意義などCRIの価値を再考しました。CRIのすべて社員が大切にし、今後も変わらずに守っていくお客様への姿勢として、C・R・Iを「挑戦(Challenge)・信頼(Reliability)・革新(Innovation)」として再定義しました。これらのキーワードを新ブランドの基盤とし、ブランドロゴや製品ロゴのデザインをリニューアルいたしました。



CRIブランドを象徴するCRIWAREロゴをアップデート


▼挑戦・革新を象徴する「CRIWARE」
CRIWAREを採用いただいた製品に掲載され、ゲーム業界やゲームファンの間では非常に認知度の高いロゴを、20周年の節目を迎えた今後も果敢に挑戦・変化していくことの象徴としてアップデートします。
▼デザインに込めた思い
テキスト部分のフォント幅が広くなり、今後も様々な展開を広げていくCRIを想起させるデザインになります。



全製品ロゴをリニューアル、統一感のあるデザインへ


▼すべての製品にCRIWAREの信頼感を
CRIWAREロゴに使用されている6角形のモチーフを、すべての製品ロゴにも展開することで、どの製品にもCRIの理念が浸透されていることを示しています。CRIのユニークなモチーフを使用することで、一目でCRI製品と認識できるように設計されています。
▼機能的なデザイン
技術分野に合わせて4つのカラーリングに分類されています。製品の特長を一目で認識することができ、お客様の製品選択をサポートします。赤:音声技術、青:映像技術、緑:複合技術(※1)、黄:基礎技術(※2)。
※1:組み合わせ技術:音声と映像を起点に技術を組み合わせ、新しい体験を実現する技術。
※2:基礎技術:ストリーミング、音声映像解析、AIなどの新たな基盤となる技術。



一部製品名の変更で、よりシンプルな製品体系へ


▼シンプルでわかりやすい製品名に
●ロゴの六角形モチーフ同様、すべての製品にCRIの理念が込められていることを示すため、全製品名をCRI ○○といたしました。
●ナンバリングや単語の区切りをシンプルにし、より呼びやすく親しみやすい製品名に変更いたしました。
例:CRI Sofdec2→CRI Sofdec、CRI ADX LipSync→CRI LipSync。

20周年記念サイトオープン


未来に向けた施策の発表と、20年の歩みを紹介



▼未発表の新製品の予告を掲載
本資料でご紹介しているCRIWAREブランド フルリニューアルをはじめとした、未来に向けた新たな施策を発表しています。また近日製品発表予定の2つの技術(ボイスチャットシステム・ストリーミング再生システム)についての簡単な紹介を行っています。
▼画像で振り返る20年の沿革
CRIの20年の歩みを画像でご紹介しております。これまでCRIになじみのあったお客様や関係者の皆様には懐かしく感じていただけるコンテンツとなっております。

オフィス移転


グループ4社が集結、独創性が交差し新しい価値を創造


CRIグループ4社が1つのオフィスに集結します。それぞれの異なる強みや専門性を持ったメンバーが交わる「挑戦と発見の拠点」として新しい新しい価値を創造していきます。

▼グループ各社の強み
  • CRI・ミドルウェア
    独自の信号処理技術に基づく音声・映像を中心とした技術及びそのライセンス事業
  • ウェブテクノロジ
    様々な画像のデータサイズ削減等を実現する高度な画像最適化技術
  • ツーファイブ
    声優のキャスティングから演出、音声収録、加工、編集、データ化をワンストップで実施できる知見
  • アールフォース・エンターテインメント
    ゲーム開発の流れを熟知したプロ集団がワンストップでゲーム制作のソリューションを提供



将来の事業拡大を見込んだオフィス設計

エントランス(予定)
▼最新技術を搭載した3つのサウンドスタジオを新設
映画・音楽業界など高品質なサウンドが求められる分野で幅広い導入実績を持つSONA社とタッグを組み、最新の音声収録が可能な3つの新スタジオを設立します。映像配信に対応した設備も備えており、今後のCRIグループの新しい情報発信にも活用します。

フリースペース(予定)
▼ボーダーレスの交流をコンセプトに、開放的なオフィスでコミュニケーションを活性化
様々な専門性の相乗効果による新たな価値の創造のために、「ボーダーレスの交流」をコンセプトとしました。開放的なフリースペースや遊び心ある内装は、社員間のコミュニケーションを促し、新しい挑戦や発見のきっかけを作ります。

(C) CRI Middleware Co., Ltd. All Rights Reserved
《Ten-Four》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら