スイッチ版『白猫プロジェクト』は鋭意開発中―7周年放送で状況を報告 | GameBusiness.jp

スイッチ版『白猫プロジェクト』は鋭意開発中―7周年放送で状況を報告

『白猫プロジェクト』のスイッチ向け新作『Shironeko New Project(仮)』。企画見直しに伴い、発売時期未定となっていましたが、現在も鋭意開発中だと言います。

ゲーム開発 その他
スイッチ版『白猫プロジェクト』は鋭意開発中―7周年放送で状況を報告
  • スイッチ版『白猫プロジェクト』は鋭意開発中―7周年放送で状況を報告

コロプラは、『白猫プロジェクト』のニンテンドースイッチ向け新作として発表されていた『Shironeko New Project(仮)』について、現在も鋭意開発中であると報告しました。

本情報は、7月13日20:00より行われた「やろうよ!白猫プロジェクト7周年記念生放送!」で明かされたもの。白猫スーパーバイザー・角田亮二氏より、「ファンの皆様にしっかりとしたものをお届けするために、現在も鋭意開発中となっております」と報告されました。

当初は2020年発売を目指し開発されていた『Shironeko New Project(仮)』ですが、2019年12月に企画内容の見直しが発表。これに伴い、発売時期も未定となり、音沙汰のない状態が続いていました。シリーズプロデューサー・浅井大樹氏の退社や任天堂との訴訟もあり、開発中止を心配する声も上がっていました。

次に続報を出せるタイミングまでには、もうしばらく時間がかかる見込みとのこと。角田亮二氏は「我々も精一杯面白いものにするために頑張っていきますので、もうしばらくお時間いただければと思います。お待たせしてしまい申し訳ございません」としています。

《茶っプリン@インサイド》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら