『DEATH STRANDING』PC版はリリース半年足らずで約30億円の収益額を達成!Digital Brosの最新財務報告で明らかに | GameBusiness.jp

『DEATH STRANDING』PC版はリリース半年足らずで約30億円の収益額を達成!Digital Brosの最新財務報告で明らかに

同社タイトルとしては同期間内で大幅な数字を記録しています。

企業動向 発表
『DEATH STRANDING』PC版はリリース半年足らずで約30億円の収益額を達成!Digital Brosの最新財務報告で明らかに
  • 『DEATH STRANDING』PC版はリリース半年足らずで約30億円の収益額を達成!Digital Brosの最新財務報告で明らかに
  • 『DEATH STRANDING』PC版はリリース半年足らずで約30億円の収益額を達成!Digital Brosの最新財務報告で明らかに


パブリッシャー505 Gamesの親会社であるDigital Brosは、2020年7月14日にリリースされた小島監督最新作『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』PC版について、半年足らずで約30億円の収益額を達成したことを発表しました。


これは同社による最新の財務報告によって明らかになったもの。データによると、リリース日から2020年12月31日までの『DEATH STRANDING』の収益額は23,192,000ユーロ(約30億円)で、同社の『Control』『Assetto Corsa』『Ghostrunner』などのタイトルより大きな売上を達成しています。


同社の有料ゲーム全体の収益額は、前年から28.8%増加した74,739,000ユーロ(前年58,043,000ユーロ)。この大幅な増加に対しては『DEATH STRANDING』PC版のほか、2020年8月にSteam版の配信を開始した『Control』やリリース以来継続的なパフォーマンスを発揮している『PAYDAY2』などの作品が大きく貢献しているようです。


なお、小島秀夫監督の新たな作品に関する動向などは現在明らかになっていません。コジマプロダクションでは、『DEATH STRANDING』『メタルギアソリッドV ファントムペイン』などの作曲や音響を手がけたLudvig Forssell氏が3月31日をもって退職したことが明らかになっています。


《Mr.Katoh@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら