2019年から延期が続いていた『メタルギアソリッド』のボードゲームがプロジェクトキャンセル | GameBusiness.jp

2019年から延期が続いていた『メタルギアソリッド』のボードゲームがプロジェクトキャンセル

スネークやメリルなどを使用して目的を達成する協力型ボードゲームとして開発されていました。

ゲーム開発 その他
2019年から延期が続いていた『メタルギアソリッド』のボードゲームがプロジェクトキャンセル
  • 2019年から延期が続いていた『メタルギアソリッド』のボードゲームがプロジェクトキャンセル
  • 2019年から延期が続いていた『メタルギアソリッド』のボードゲームがプロジェクトキャンセル

2018年12月に海外で制作が発表された『メタルギアソリッド』をテーマにしたボードゲーム「Metal Gear Solid:The BoardGame」ですが、本作の販売を担当しているIDW Gamesが、昨年12月にプロジェクトをキャンセルしていたことが明らかになりました。


本作は「ソリッド・スネーク」「メリル」「オタコン」などのキャラクターを使用し、それぞれの特殊能力を使用して目的を達成する協力型ボードゲーム。過去に「Specter Ops」などを手がけるエマーソン・マツウチ(Emerson Matsuuchi)氏がゲームデザインを担当することなどが決定していました。


プロジェクトのキャンセルについては、マツウチ氏が海外フォーラムで明らかにしたもの。同氏はプロジェクト存続のために尽力し、現在ゲームデザインの権利は手にしていますが『メタルギアソリッド』のライセンスは手に入れていません。現在は知人を通じてコナミへ連絡を取っているようですが、進展については不明なままです。


本作は当初2019年にリリースされる予定でしたが、これまで何度となく延期を発表。過去には海外AmazonとBackerkit.comにて予約を受け付けており、Backerkit.comによるとすでに2,081人が予約しています。なお、プロジェクトキャンセルに関する理由などは明らかになっていません。

《Mr.Katoh@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら