2020年Kickstarterビデオゲームデータを公開―『百英雄伝』『The Wonderful 101: Remastered』など日本作品の大成功も | GameBusiness.jp

2020年Kickstarterビデオゲームデータを公開―『百英雄伝』『The Wonderful 101: Remastered』など日本作品の大成功も

50万ドル以上を達成しているのは2020年で6作品。

マネタイズ クラウドファンディング
2020年Kickstarterビデオゲームデータを公開―『百英雄伝』『The Wonderful 101: Remastered』など日本作品の大成功も
  • 2020年Kickstarterビデオゲームデータを公開―『百英雄伝』『The Wonderful 101: Remastered』など日本作品の大成功も


ゲームパブリッシングに関するマーケティングなどを行うICOは、クラウドファンディングサイトKickstarterでキャンペーンを行ったビデオゲームに関する2020年のデータを公開しました。


データによると、2020年には1,331のキャンペーンが開始し408のゲームが目標額を達成。これは2014年に次ぐ歴代2番目の成功数です。また、成功したキャンペーンのファンディング額は合計で23,323,927ドルで、前年から約30%増加しています。


成功したキャンペーンの多くが5万ドル以内の金額。グラフによると、50万ドル以上の資金調達を達成したのは6作品のみで、中には日本のゲーム『The Wonderful 101: Remastered』と『百英雄伝 -HUNDRED HEROES-』が含まれています。『百英雄伝 -HUNDRED HEROES-』の達成金額は約4億8,100万円で、2020年のビデオゲームキャンペーンで最多金額となっています。




また、同データではテーブルゲームに関する内容も公開。歴代2番目となるキャンペーン成功数のほか、これまで最大金額となる236,629,466ドルを達成しています。

《Mr.Katoh@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら