コーエーテクモ、2020年第3四半期に過去最高の売上高・利益の達成を報告―『ゼルダ無双』のヒットやモバイルタイトルの好調が要因 | GameBusiness.jp

コーエーテクモ、2020年第3四半期に過去最高の売上高・利益の達成を報告―『ゼルダ無双』のヒットやモバイルタイトルの好調が要因

営業利益は過去最高の約109億円に上ったといいます。

企業動向 業績
コーエーテクモ、2020年第3四半期に過去最高の売上高・利益の達成を報告―『ゼルダ無双』のヒットやモバイルタイトルの好調が要因
  • コーエーテクモ、2020年第3四半期に過去最高の売上高・利益の達成を報告―『ゼルダ無双』のヒットやモバイルタイトルの好調が要因
  • コーエーテクモ、2020年第3四半期に過去最高の売上高・利益の達成を報告―『ゼルダ無双』のヒットやモバイルタイトルの好調が要因


コーエーテクモホールディングスは、2021年3月期の第3四半期決算短信を公開しました。


発表によればゲームのパッケージ販売やモバイルタイトルの運営収入が大幅に伸び、売上高は前年同四半期と比較して64.7%の増加となる約439億円を記録したとのこと。営業利益は約109億円となり、第3四半期連結累計期間としても、また売上高・営業利益・経常利益・四半期純利益の全項目でも過去最高の業績を達成したといいます。さらにこれを受けて、連結業績予想の上方修正も行っています。


特に『ゼルダ無双 厄災の黙示録』は12月までの累計出荷本数が350万本を突破する大ヒットとなり、『無双』シリーズとして最高の出荷本数を記録。また、9月から国内で配信を開始したiOS/Android向けタイトル『三國志 覇道』は好調な滑り出しでアクティブユーザー数も増加し、IPを許諾して中国で配信中の『三国志・戦略版』もApp Storeの月間セールスランキングで15ヶ月連続で上位5位に入るなど、コンソール・モバイル向けともに高い収益をあげている模様です。


なお今後は、欧米で『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』、全世界で『仁王2 Complete Edition』のリリースを控えているほか、『三国志・戦略版』の台湾・韓国での展開などが計画されています。

《TAKAJO@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら