“クリックしよう”生体信号読み取り先行入力する先進デバイス「Implulse」Kickstarter開催中 | GameBusiness.jp

“クリックしよう”生体信号読み取り先行入力する先進デバイス「Implulse」Kickstarter開催中

筋収縮時に生じるタイムラグを飛ばしてマウスをクリックすることが出来ます。

マネタイズ クラウドファンディング
“クリックしよう”生体信号読み取り先行入力する先進デバイス「Implulse」Kickstarter開催中
  • “クリックしよう”生体信号読み取り先行入力する先進デバイス「Implulse」Kickstarter開催中
  • “クリックしよう”生体信号読み取り先行入力する先進デバイス「Implulse」Kickstarter開催中


カナダのBrink Bionicsは、電気的刺激を読み取ってマウスクリックを補助する「Impulse」ニューラルコントローラーのKickstarterページを公開中です。本記事執筆時点で、11,425ドルの初期目標を大きく上回る35,851ドルを集めています。


同製品を装着することで、素手でマウスクリックするよりも最大80ミリ秒早く反応できるとのことです。



「Impulse」には独自仕様の機械学習アルゴリズムを用いたセンサーが内蔵されており、プレイヤーの脳から手に伝わった生体信号を読み取り「クリックしよう」という意図を予測。筋収縮時に生じるタイムラグを飛ばしてマウスをクリックすることが出来ます。



同製品は50グラムにも満たない軽量なグローブ型となっており、いかなるゲーミングマウスにも対応するとのこと。同梱されたソフトウェアを通じて機械学習アルゴリズムをプレイヤーに合わせてチューニングすればプレイ準備完了となります。


「Impulse」のKickstarterページでは、実演映像やメカニズムの解説、開発者チームの紹介、ストレッチゴールなどを確認できます。本製品の含まれる再安価のプレッジ「Early Bird」は123ドル(約1万3000円、希望小売価格よりも25%引)となっており、2021年5月到着予定となっています。

《S. Eto@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら