EAが『FIFA』シリーズのルートボックスを「法律違反」とするオランダ裁判所の判決に対して控訴を提起 | GameBusiness.jp

EAが『FIFA』シリーズのルートボックスを「法律違反」とするオランダ裁判所の判決に対して控訴を提起

この問題は2019年から法廷で争われています。

その他 事件
EAが『FIFA』シリーズのルートボックスを「法律違反」とするオランダ裁判所の判決に対して控訴を提起
  • EAが『FIFA』シリーズのルートボックスを「法律違反」とするオランダ裁判所の判決に対して控訴を提起
  • EAが『FIFA』シリーズのルートボックスを「法律違反」とするオランダ裁判所の判決に対して控訴を提起

オランダのハーグ地方裁判所は、エレクトロニック・アーツ(EA)のサッカーゲーム『FIFA』シリーズが「ギャンブル関係の法律違反違反にあたる」という訴えを支持する判決を下しました。EAは判決を不服として控訴を提起します。

『FIFA』シリーズには「FIFA ULTIMATE TEAM」と呼ばれるチームカスタマイズモードがあり、選手獲得のためにゲーム内通貨を使用してパック獲得やトレードなどを行う必要があります。2019年にオランダのNetherlands Gambling Authority(NGA)は、このシステムが法律に違反するとしてEAに対して罰金を支払うよう求め、法定で争っていました。

2020年10月29日にオランダのハーグ地方裁判所はこの問題に対し、NGA側を支持する判決を下しています。EAはその判決を不服としており、控訴を提起。EA Beneluxのマネージャーは「世界中のプレイヤーがFIFA ULTIMATE TEAMモードを楽しんでおり、このサービスが法律に違反しているとは考えていない」とのコメントを発表しています。

同シリーズのルートボックスは、2019年にベルギーでパック入手用ポイントの販売を停止するなどさまざまな問題を引き起こしています。
《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら