ニンテンドー3DSのすべての本体生産が終了―約10年のシリーズの歴史に幕 | GameBusiness.jp

ニンテンドー3DSのすべての本体生産が終了―約10年のシリーズの歴史に幕

任天堂がニンテンドー3DSの本体生産をすべて終了。

市場 流通
ニンテンドー3DSのすべての本体生産が終了―約10年のシリーズの歴史に幕
  • ニンテンドー3DSのすべての本体生産が終了―約10年のシリーズの歴史に幕
  • ニンテンドー3DSのすべての本体生産が終了―約10年のシリーズの歴史に幕

任天堂が、携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」の全ての本体生産を終了したことが分かりました。

記事執筆時点での公式の発表などはないものの、任天堂公式サイトのニンテンドー3DSシリーズのページでは「ニンテンドー3DSシリーズの本体の生産はすべて終了いたしました。」という文言が記載されています。また、「Newニンテンドー3DS LL」「Newニンテンドー2DS LL」「ニンテンドー2DS」の個別ページにおいても「生産終了」との記載が確認できます。


ニンテンドー3DSは、任天堂が2011年2月にリリースした携帯ゲーム機。下がタッチパネル、上が裸眼3D液晶ディスプレイの二画面で構成されており、3Dカメラやモーションセンサー/ジャイロセンサーといった機能が搭載されていました。2017年には「Newニンテンドー3DS」など、いくつかのモデルについて段階的に生産が終了してきましたが、今回で全てのシリーズが生産終了ということになったようです。
《TAKAJO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら