ホラー漫画家の伊藤潤二が小島監督の新作ホラーゲーム計画に誘われていた―海外インタビューで明らかに | GameBusiness.jp

ホラー漫画家の伊藤潤二が小島監督の新作ホラーゲーム計画に誘われていた―海外インタビューで明らかに

まだ具体的な話ではなく実現するかは不明とのこと。

文化 その他
ホラー漫画家の伊藤潤二が小島監督の新作ホラーゲーム計画に誘われていた―海外インタビューで明らかに【UPDATE】
  • ホラー漫画家の伊藤潤二が小島監督の新作ホラーゲーム計画に誘われていた―海外インタビューで明らかに【UPDATE】
  • ホラー漫画家の伊藤潤二が小島監督の新作ホラーゲーム計画に誘われていた―海外インタビューで明らかに【UPDATE】

「富江」や「うずまき」などで知られ、2015年に開発中止になった『サイレントヒル』シリーズ最新作『Silent Hills』にも参加予定だったとされるホラー漫画家の伊藤潤二氏は、小島秀夫監督による新作ホラーゲームの計画に誘われていたことをComic-Con@Homeでのインタビューにて明らかにしました。

該当シーンは34;05から

「現在ゲームの開発に関わっているか?」とのファンからの質問への回答によれば、現在はゲームでの仕事の計画はないとしながらも、小島秀夫監督に会った際にホラーゲームの計画を聞かされ「機会があったら協力して欲しい」と声をかけられたとのこと。

まだ具体的な話ではないため実現するかどうかは全然分からないとしていますが、多くのファンが実現して欲しいと願っているのではないでしょうか。なお、小島秀夫監督は今年4月に英国アカデミー賞のフェローシップ賞を受賞した際のインタビューで「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」と語っていました

なお、Comic-Con@Homeでのインタビュー後の7月27日に伊藤潤二氏はツイッターで「パーティーの立ち話の中」での話であり、「もし機会があれば」という程度のものだったとコメントしています。



※UPDATE(2020/7/28 0:53):伊藤潤二氏のツイッターでのコメントについて追記しました。

ホラー漫画家の伊藤潤二が小島監督の新作ホラーゲーム計画に誘われていた―海外インタビューで明らかに【UPDATE】

《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら