テンセントが『Warframe』などを手掛けるDigital Extremesの親会社Leyouの買収に向け交渉中 | GameBusiness.jp

テンセントが『Warframe』などを手掛けるDigital Extremesの親会社Leyouの買収に向け交渉中

テンセントが『Warframe』の開発会社Digital Extremesや『Gears Tactics』の開発会社Splash Damageの親会社Leyouの買収に向けて独占交渉中。

企業動向 戦略
テンセントが『Warframe』などを手掛けるDigital Extremesの親会社Leyouの買収に向け交渉中
  • テンセントが『Warframe』などを手掛けるDigital Extremesの親会社Leyouの買収に向け交渉中
  • テンセントが『Warframe』などを手掛けるDigital Extremesの親会社Leyouの買収に向け交渉中
  • テンセントが『Warframe』などを手掛けるDigital Extremesの親会社Leyouの買収に向け交渉中

中国のテンセントが、『Warframe』の開発会社Digital Extremesや『Gears Tactics』の開発会社Splash Damageを傘下に持つ香港の企業Leyouの買収に向けて、独占交渉中であることが明らかになりました。

Leyouは現地時間7月10日に「会社の内部情報を構成する香港の買収および合併に関する法律に基づく発表が行われるまでの間」株式の取引を停止すると発表。そしてテンセントとの契約を締結することを示す、別の声明を発表しました。これによってテンセントは今後3ヶ月間、独占契約に基づき買収と民営化の可能性についてLeyouと交渉できる唯一の企業となっています。

テンセントは最近、モバイル版ポケモンMOBAの新作『Pokemon Unite』や日本の開発会社であるプラチナゲームズなどに資本提携や開発協力といった働きかけをしており、世界市場への展開を狙っています。この買収はモバイルデバイスで巨大な存在感を持つテンセントが、コンソール/PC市場のオンラインゲームに乗り出す足がかりと言えそうです。
《大塩@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら