Amazonによる対戦シューター『Crucible』正式版からクローズドベータへの再移行を発表 | GameBusiness.jp

Amazonによる対戦シューター『Crucible』正式版からクローズドベータへの再移行を発表

クローズドベータは日本時間7月2日1時までにSteam版を入手していたプレイヤーが参加可能。また、後日公式サイトで参加者を募集する予定です。

ゲーム開発 その他
Amazonによる対戦シューター『Crucible』正式版からクローズドベータへの再移行を発表
  • Amazonによる対戦シューター『Crucible』正式版からクローズドベータへの再移行を発表
  • Amazonによる対戦シューター『Crucible』正式版からクローズドベータへの再移行を発表
  • Amazonによる対戦シューター『Crucible』正式版からクローズドベータへの再移行を発表

Relentless Studiosが開発しているAmazon Game Studiosの対戦型シューター『Crucible』が、正式版からクローズドベータへと再移行することを発表しました。

これは公式サイトで告知されたもので、移行の理由を「プレイヤーへの最高の体験を実現するため」としています。今後はプレイヤーからのフィードバックや以前から計画しているロードマップの計画を基に、マップ・システムの改善を実施。また、開発者がプレイヤーからの意見を集めるイベント、ユーザー参加型のコミュニティ設置を予定しています。


クローズドベータは日本時間7月2日1時までにSteam版を入手していたプレイヤーが参加でき、後日公式サイトで新たな参加者の募集が開始されます。なお、現在までプレイしていたアカウントのゲーム進行状況や購入した項目はそのまま引き継がれるようです。

《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら